このサイトの検索

大文字/小文字を区別 正規表現で検索

「カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜」の検索結果

雪が谷大塚・食堂廣田 牡蠣尽くしの夜「カキタベナイト!」

オイスターフリークの皆様、カキタベ!でございます!!!  さて、現在のカキタベ!順位はいかほどに?  「直径10センチのカキフライボールが食べたいっっっ!」  そんな、こちらの記事に集った熱い声をきっかけに、オイスターフリークが集まって開催されたのが、「カキタベナイト!」  ということで、初めての方が訪問するには少しタフな環境にある、雪が谷大塚の廣田にて開催。総勢10人が集い、サッポロラガーとウーロン茶を片手に乾杯をして、最初に運ばれてきたのは3種類の生牡蠣。...Continue reading 雪が谷大塚・食堂廣田 牡蠣尽くしの夜「カキタベナイト!」

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2008年02月16日 23:47

雪が谷大塚・食堂廣田 たぶん、日本一食べている時間が楽しいカキフライは、このカキフライです!

 オイスターフリークの皆様、カキタベ!でございます!!!  さて、現在のカキタベ!順位はいかほどに?  カキタベニストとして、毎年の真牡蠣シーズン中に、一度は果たさなければならないミッションというのがある。それが、このお店のカキフライを食べること。  今回で3回目となるのだが、毎年この時期になると、「カキフライやります!」というメールが来るのが楽しみで仕方がない。  そして、今年も吉報が届いた。  今年は名誉カキタベニストの霞町恵一郎氏、そしてカキタベニスト以上に牡蠣を愛するこの方と、急なお誘いにもかかわらず、わざわざ駆けつけてくださったこの方との4人で、カキフライと対面することに。  このお店のカキフライは、それを中心としたコースになっている。それまでに、「サーモンマリネに包まれたサーモンムース」や、「大山鶏胸肉 炙りホワイトソース」といった、旨い一皿一皿を食べる。そして、薄暗い店内でスローシャッターながら写真を撮影する(実は、この後の写真はブレ気味です…すいません)。  そして…いよいよ、お楽しみのカキフライの登場。  初めて実物を見た、ゲストのお二方の顔には、「おぉ!」という表情。直径10センチのボール型カキフライを、取り皿に移すべく箸で持ち上げると、伝わりしものはずっしりとした重量感。厚い衣を箸で開くと、そこにはぎっしりぎっちりと牡蠣が詰まっている。  行き場なく、これでもかと詰まった牡蠣は、熱で一体となり所々で牡蠣同士がくっついてクリーム状になっている。  そして、これだけの牡蠣の塊を包み込む衣なので、薄く軽快なというものではなく、しっかりと逞しく食べ応えのある衣になっている。  しかも、この裏の主役は、表の主役の香りや旨みを存分に吸っているので、特有の磯の香りがプンプンと気持ちいいぐらいに、口中に広がってくれる。  衣の次には、贅沢にぎっしりと詰まった牡蠣の味が、あれやこれやと縦横無尽に飛び交って、圧倒的な印象とほのかなホロ苦さを残して、胃袋の中へと収まっていく。  あぁ、たまらない。とにかく、たまらない。中毒性のあるこの味がたまらない。  実は、一人一個だったのだが、無理言って追加で一つだけ作ってもらうと、4人の箸が素早く伸びて、あっという間にお皿はカラッポに。正直、あと3個はイケた。でも、余韻の深さもたまらない。    この後の料理「昔風 ビーフシチュー」や、「廣田賄いカレー、蕪と青葱の味噌汁」、そして食後のコーヒーも申し分なく、カキフライの記憶を色々な形で焼き付けてくれる。  通算279食目を迎えたカキタベ!を、ベストテン入りまで一押ししてください!!!人気blogランキング(レストラン・飲食店ランキング)へ。  そして、カキフライ以外の料理は、こちらからご覧ください。...Continue reading 雪が谷大塚・食堂廣田 たぶん、日本一食べている時間が楽しいカキフライは、このカキフライです!

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2007年11月22日 23:59

雪ケ谷大塚・食堂廣田 生牡蠣と焼牡蠣、そしてカキフライ

オイスターフリークの皆様、お待たせしました!カキタベでございます。  ところで、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  去年の年末に大井町の「廣田」にて遭遇した、巨大なカキフライ。そのカキフライが1年ぶりにシーズンを迎えて大復活。ということで、カキタベニストが一同に介して、廣田の新店舗である食堂廣田にて、8,000円のコースの一環として食べることに。  まずは、生牡蠣と焼牡蠣の競演から。今回用意してもらったのは、三陸産とシアトル産のウィルパベイ。最初に出された三陸産は、生にしても焼きにしても、強いクセがなく口にすっと入る。比較的さっぱりしたコクと旨みといった具合。  一方のウィルパベイは…  細長めの三陸産とは違って、オーバルに近い形となっている。生で食べたときには、甘みや海水感といった基礎部分を、しっかりと備えているという印象だったのだが、焼きを食べたときにその印象は一変した。  とにかく、コクが一気に増す。そしてワタ部分を中心として、個々の部分の旨みが生で食べた時と比べ物にならないぐらいに広がる。どちらも、ノド越しや勢いで食べるといった際には、生牡蠣なのだが、旨みを感じるにはやはり焼牡蠣のほうが上になる。  そして、スモークサーモンのペーストをスモークサーモンで巻くという、インパクトある一皿を経て、いよいよカキフライが運ばれてきた。  直径10センチ近くのカキフライボールの中には、約20個のカキがごそっと塊で入っている。そんなカキフライをかぶりつくと、荒々しくゴリっとした強い衣の食感と、そこにたっぷりと封じ込められた牡蠣のエキス。内部はカキ同士が一体になることで、クリーミーな食感となっている。  豪快かつ繊細な味わい。このカキフライはそんな表現が一番似合う一品なのである。ということで、カキタベニスト一同も、それぞれ2分の1個おかわりしたので、牡蠣30個の摂取となった。 --------------  今日もご覧いただきありがとうございます。  通算210食目を迎えた、カキばっか喰ってるカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。...Continue reading 雪ケ谷大塚・食堂廣田 生牡蠣と焼牡蠣、そしてカキフライ

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2006年10月20日 23:50

酒菜くはらでカキフライ

オイスターフリークの皆様、お待たせしました!カキタベでございます。  ところで、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう? 10月になってスポクラのスケジュールが変更になり。。。 月 ハイインパクトエアロ−−→IRが変わりついてゆけず落伍 火 初級エアロ−−−−−−−→ダンスになっちゃった 水 初級ステップ−−−−−−→変わらず出てます♪ 金 ダンベルエクササイズ−−→ストレッチに変更 行ける時は週に4日通っていたのに、今じゃ週1ペース。 食欲は据え置きなので自然と体重は増加傾向で「痩せよう!」と 思った時よりも1kgは増えている。。 ああぁ遠のく目標体重59.5kg (-ω-) そんな事を思いながら歩いていたのに、カキフライの看板を目にして 案の定フラフラと食ってしまいました。 ホントはネ、成富で蕎麦にしようと思ったんですけどね。 カキフライの看板に誘われ隣の酒菜 くはらという夜は居酒屋!と いう感じのお店でカキフライ4個(890円)をオーダーしてしまいました。 ちなみに5個にすると950円。 とりあえず1個だけ我慢。 定食は、何種類かある小鉢のなからか2品チョイスしてよいというシステム。 ヘルシー(?)を意識して豆腐とワカメサラダをチョイス。 ほどなくして小さ目のカキフライが4つ登場。 廣田のカキフライをたべたばかりだったのでスッゴク小さく見えます。。。 この大きさにしてジュワッとジュースがほとばしったのはナカナカですが まぁフツーって感じ。 御飯の水分が多目だったのが残念。 そこそこメニューがあるので近所のオジサンには重宝するんでないですかい? 住所:中央区銀座8-18-6 電話:03-3545-6565 営業時間:11:30〜14:00/17:30〜24:00 --------------  今日もご覧いただきありがとうございます。  通算209食目を迎えた、カキばっか喰ってるカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。...Continue reading 酒菜くはらでカキフライ

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2006年10月19日 23:28

大井町・廣田 2005/2006シーズンを締めくくる岩牡蠣料理

今日も、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。  さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  3月某日、2005/2006の牡蠣料理シーズンを締めくくるべく、大井町の廣田にてカキタベニスト全員にて岩牡蠣を食べることに。  この日のコースは、「ものすごいカキフライ」を組み合わせた、前回の牡蠣尽くしコース(リンク先の下のほうにあります)とは異なり、長崎から直送された岩牡蠣や平スズキを中心とした、いわば「長崎の海産物尽くしコース」。岩牡蠣は夏場でも食べることができる牡蠣なのだが、この岩牡蠣は地元でしか流通せず、しかもこの時期にしか食べられないとのこと。  そして、コースの最初を飾ったのが、この岩牡蠣の生食。  実は、岩牡蠣を食べるのが初めての自分が、岩牡蠣について人から聞いていた話としては、「牡蠣がでかい」というものだった。それゆえに、自分も食べるまではどれほどののものなのかという緊張感もあったのだが、出されたものは味がぎゅっと凝縮されているかのような、約3センチ程度の小ぶりの岩牡蠣。  この岩牡蠣、殻の状態で取れたものを現地で剥き身にして、東京の直送されたもの。そして、牡蠣が入った袋には実際に殻を剥いて袋につめた方の名前がしっかりと記載されている。こういった情報が明確になっていることで、安心感と親しみをも感じさせてくれる。  さて、箸で持った時点ですでに弾力感が伝わってくるこの岩牡蠣を食べると、コリコリに近い食感から水々しい味が広がる。真牡蠣との違いとしては水々しさを感じさせる流れ。前者のほうが水分感がゆるめなので、旨みの感じ方としては、噛む前に舌に触れることでじんわり広がるというものなのだが、こちらの場合は噛めば噛むほどに味がしっかりと広がってくる。レモンの酸味が加わると、更に味のメリハリが増す。  そして、コース料理各種を味わったあと(こちらの“food review”からご覧ください)、もう一品出てきたのは「岩牡蠣とルッコラ、ハモンイベリコベジョータのソテー」。  前回のコース料理でも出されたこの一皿、真牡蠣で作るのと岩牡蠣で作るのでは、単純に牡蠣が受け持つ味の濃度が異なる。噛むごとに旨みが広がる岩牡蠣なので、自然とイベリコとルッコラを噛むことが多くなり、これらの素材が持つ旨みをより深く感じることができる。実際に調理の方法も少し変えているとのことだが、イベリコと鎌倉産のルッコラとの相性の良さが、この料理の最大の軸となっている。  締めの位置づけで岩牡蠣を食べたことで、改めて牡蠣料理の深さを知ることとなり、次の2006/2007シーズンへの意欲も増すこととなった。 --------------  2005/2006シーズンのカキタベ!をご覧いただきありがとうございます。  次の牡蠣解禁時期までは更新頻度がやむなく落ちることになりますが、これからが旬を迎える岩牡蠣やオイスターバー等、あるいは日持ちする牡蠣料理を食べた際には更新しますので、引き続きよろしくお願いいたします。  また、次回シーズンのカキタベニストの活動にも期待いただける方は、をクリックしてください。...Continue reading 大井町・廣田 2005/2006シーズンを締めくくる岩牡蠣料理

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2006年03月31日 23:36

赤坂・オステルリースズキ 牡蠣のコース 〜プロローグ〜

 本日もカキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  とあるきっかけがあり、自分が以前からお会いしたかった方と、夜に牡蠣を食べる機会を設けることとなった。  カキタベニストとして、色々なお店の選択肢が浮かんだものの、例えばオイスターバー系となると、どうしても画一的なメニューになってしまったり、例えば「廣田」となると、予約のタイミングが難しいという問題があった。  そんなときに思い出したのが、アンコウのローストに牡蠣のソースを絡めたこのお店。最近、魚介類のコースを始めたという話だったので、「牡蠣のコースは…可能でしょうか?」とたずねたところ、快く承諾いただけたというものである。  ということで、全5品の牡蠣のコース。これぞ「牡蠣の牡蠣による牡蠣のためのコース」と言いたくなるぐらいに、印象的なものとなった。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  この「赤坂・オステルリースズキ 牡蠣のフルコース」シリーズは、実際に食べた覚王委員と編集担当がカキのコース料理・全5食を、リレー形式で記事を執筆いたします。  続きが気になる方は、ぜひともをクリックして、はっぱをかけてください。...Continue reading 赤坂・オステルリースズキ 牡蠣のコース 〜プロローグ〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2006年02月23日 01:28

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その6・牡蠣とブロッコリーのパスタ・牛頬肉とフォアグラのソース〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  そして、最後の一品はパスタ。出されたときからコクのある濃厚な香り。パスタはフェットチーネ。  一口食べると、とにかく濃厚な味わい。フェットチーネがソースの濃厚な旨みを全て吸収している。具のバランスにしても、濃厚なソースをまとった牡蠣に対して、ボリュームと、全体をさっぱりさせる水分を豊富に持ちつつ、味の個性も立っているブロッコリーが文句なしのアクセント。  この濃厚なソースに対して牡蠣をかみ締めると、特にワタの部分の濃厚な苦味とソースの濃厚な味が、一体になって力強い味となる。実は、牡蠣の片面には白身がまぶされており、これが濃厚な味と濃厚な味を上手く融合させている。正直、個人的には生涯一番旨いフェットチーネであった。    コースを食べ終えて、濃厚なソースと絡んでも、さっぱりとした煮汁と絡んでも、凛とした旨みが一本通っている牡蠣という素材の素晴らしさを再度実感した。  最後に、様々な創意工夫により、我々カキタベニストのワガママをかなえてくれた、廣田のご主人猿渡氏にこの場を借りて感謝。   --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、この6品目をもって完結となります。次回、通常記事掲載予定は早ければ1月4日となります  新しい牡蠣料理が気になる方は、ぜひともをクリックして、カキタベニストにはっぱをかけてください。 ...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その6・牡蠣とブロッコリーのパスタ・牛頬肉とフォアグラのソース〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月31日 23:44

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その5・牡蠣と蕪の煮つけ〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?    カキフライを揚げている時に、隣のコンロで蕪が下ゆでされているのが見えた時に、どんな料理に使うのだろうと思っていたのだが、この順番で正統派の煮つけが登場。多少濃厚なものが続いていたのでタイミングとしては申し分なし。  カウンターに出された瞬間にゆずの香りが立ち上る。そして、さわやかな香りの煮汁に包まれた蕪と牡蠣を小鉢に移す度に、ゆずの香りと牡蠣が持つ磯の香りが伝わってくる。  口にすると、さっぱりとした煮汁と、牡蠣の豊富なコクが広がる。また、牡蠣の旨みとゆずの香りを吸った蕪も、やさしくもありまるで甘みをも含んでいると感じるぐらいに、申し分のない味。  煮汁が絡んだひだの部分と、ゆずの酸味の後にたくましい苦味を伝えるワタの部分。これらは片栗粉がまぶされていることにより、煮汁をしっかりと吸っていることが大きい。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。  次のメニューが気になる方は、ぜひともをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。 ...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その5・牡蠣と蕪の煮つけ〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月30日 22:33

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その4・牡蠣とカリフラワーのクリーム煮・サフラン仕立て〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  イベリコと牡蠣とルッコラの共演の次に出されたのは、サフランによって色づけされたクリームで、牡蠣を煮こんだものにカリフラワーを合わせたもの。早くも磯の香りが伝わってくる。  一口食べると、牡蠣の旨みを十二分に含んだ濃厚なクリームのコクと深みを感じる。そして、クリームと牡蠣本体の苦味を中心とした組み合わせは、たくましさを持つ味となる。ソースには香草も含まれており、濃厚度合いをいい具合に保つのに効果的。  また、このソースをまとったカリフラワーは、表面のソースが絡むことで濃厚な味わいを感じさせた後で、噛んでいるうちに口に広がる、カリフラワーが持つ水分とクリームとの調和が生まれて、新たな味を生み出す。  組み合わせとしては定番的なものなのかもしれないが、非常に奥深い一品となっていた。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。  次のメニューが気になる方は、ぜひともをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その4・牡蠣とカリフラワーのクリーム煮・サフラン仕立て〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月29日 22:30

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その3・牡蠣とルッコラとハモン・イベリコ・べリョータのソテー〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  “カキフライ”についで出てきたのが、ソテーしたカキをルッコラと、生ハムと一緒に食べさせる料理。  このルッコラが、いまだかつて味わったことのないほど味が濃くまた、香りが高かったため(鎌倉産らしい)、思わず葉っぱ単独でバクバクと食べすすめてしまったのだが、 カキとハムと併せて口に含むと、、、       これが合う!(右手親指上)  カキも、ルッコラも、生ハムも、食材としてはそれぞれ個性が強く、ともすればお互いの長所を打ち消してしまいかねないのでは?とも思ったが、全くの杞憂!見事にそれぞれの個性を振り撒きながらも、見事にハーモニーを奏でていた。  実に絶妙な、食材の組み合わせである。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。  次のメニューが気になる方は、ぜひともをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その3・牡蠣とルッコラとハモン・イベリコ・べリョータのソテー〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月28日 14:46

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その2・カキフライ〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  生牡蠣・焼牡蠣の食べ比べの次は、カキフライ。  テニスボール程の大きさのカキフライというか、カキボールフライ。カキの数は、17個程入っているそうです。パン粉は築地「豊ちゃん」のものと同じ。じっくりと揚げ、周りのコロモは固めに仕上げ、カキから水分が出てもその旨味をコロモで閉じ込め、凝縮していくそうです。下味がついているので、レモンをだけで十分に食べられるとのこと。  普段、カキフライは、大きめだ、小さめだ、5個だ6個だ、3個はないだろう、などと言っているが、17個がまとまっているなんて、次元が違いすぎます。見た目でかなりの迫力。  先ずは一口と出来る大きさではないので、お箸で割って、一口。  ウマイ!コロモが固いのだが、これがなんとも美味しい!カキ自体は小さめなのだが、それがまた口の中でカキの複雑な味を増幅させる効果となっている。  油っこいとかは全く感じず、途中で飽きることもなく、最後まで美味しく食べることが出来た。(白状すると、焼牡蠣の時に出された、柚子醤油をちょっと垂らして最後に一口食べたら、これまた美味しかった…) --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。  次のメニューが気になる方は、ぜひともをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その2・カキフライ〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月27日 23:58

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その1・生牡蠣と焼牡蠣の食べ比べ〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?  まずは、生牡蠣・焼牡蠣の食べ比べから。元々、今回のお店「廣田」にはグランドメニューがなく、こちらから「こんな感じのものを食べたい」というリクエストをすることで、その日の料理が決まる。  今回、このお店で牡蠣づくしコースの依頼した際に、この食べ比べはコースにオプションとして加えてもらったもの。店主の猿渡(えんど)氏は、生牡蠣は国産よりも輸入物を好んで使用するということだったので、今回の食べ比べやコース全体は、いわば「猿渡セレクト」とも言える。  この店では、オイスターバーに見られる「生牡蠣のプレート」ではなく、一枚の小さなお皿に一つの生牡蠣が乗ったものが順々に出される。  左上から右下までを、個人的な味の印象と共に追うと・・・  ペンコープセレクト:弾力に溢れており、コリコリという音に近い食感。  ステラーベイ:これも弾力に溢れており、甘みが濃厚。  ヨーロピアンフラット:色も形も異なるこの牡蠣は、「ヒラガキ」なるもの。普段、カキフライ等で食べる機会が多いのは「マガキ」。普段と違う独特な食感中に、まろやかさを感じる特徴的は味は、この牡蠣の種類特有のものか。  オリンピックミヤギ:後味が濃厚な一品。  ファニーベイ:ヒダ部分や貝柱の味を強く感じたのは、全体のつくりからなのだろうか。  クマモト:国内ではほとんど養殖されていない品。個人的には一番これが好み。小ぶりな姿にまろやかな味が濃縮されている。    個人的には、あまりお目にかかることができない、ヨーロピアンフラットを食べることができたのが、経験としては大きく、クマモトの味を再認識させられたこの食べ比べであった。  ちなみに、「焼牡蠣」は元々生牡蠣の食べ比べを予定していたカキタベニストが、直前になって風邪をこじらせてしまったので、生から変更してもらったもの。自分は生で食べたので焼牡蠣はこの記事にコメントを入れてもらうことで補完できれば・・・。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。  次のメニューが気になる方は、ぜひともをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜その1・生牡蠣と焼牡蠣の食べ比べ〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月26日 23:56

大井町「廣田」でカキタベ! 〜プロローグ〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう? カキタベ!の忘年会で、あの「廣田」へ行って参りました。 「廣田」は、予約をして伺わなければなりません。特にカキフライは四人までです。(詰めても6人が限界ですが…) 19時開始ということで、ちょっと早目に行って、付近を散策しようと思ったら「廣田」が全く見当たらない。。。住所は最新の情報だったので間違いはなかったのだが、で、電話をしたところ「シャッター閉めちゃっているのですみません」とのこと。ほっと一安心で、住所のところに向うと、確かに先程真っ暗だったお店に電気がついている…でも店名が出ていない。こりゃあ判る訳が無い。一見さんはお断りというか、来る訳がないです^^; 料理は、カキづくしでお願いを致しました。 --------------  ご覧いただきありがとうございます。  この「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします(委員長は3つ書きます)。  続きが気になる方は、ぜひともをクリックして、はっぱをかけてください。...Continue reading 大井町「廣田」でカキタベ! 〜プロローグ〜

Posted in カキタベ! 〜牡蠣を食べよう!〜 on 2005年12月20日 00:34