« 新橋「A.te」でカキとトマトとルッコラのスパゲッティ | メイン | はちやでカキフライ »

2006年01月27日

新橋・和楽 かきランチ(1,000円)

寒い中、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 「そういえば、今週はまだ牡蠣ものを食べていなかった」と思い、このお店へ。

 注文したのはカキフライに漬物、刺身、ごはん、味噌汁というラインナップの「かきランチ」。

 まず手をつけた大根と油揚げの味噌汁は、油揚げのコクがじんわりと広がっており、全体に落ち着く味となっている。次に、ブリの刺身。モチモチした身と血合による対照的な食感と、判りやすい濃厚な脂を、厚さ約1.2センチ近い豪快なボリュームで食べることができる。

 そして、主役・揚げたてのカキフライが運ばれてきた。

06-01-27-2.JPG

 7僖ラスのカキフライが3個。一口食べると、よく食べるカキフライとは異なる食感。久しぶりに「生食用の牡蠣を揚げたカキフライ」だった。外のサックリとした衣に対して、中は生牡蠣の特長がそのまま残っている。濃厚さという部分では少し加熱用よりは弱いので、何もつけずにそのまま食べるよりは、レモンやソースとの相性を活かして食べることをオススメ。
 
 こう考えると、ご飯のおかずとしての味噌汁とブリと漬物、ご飯のおかずというよりは単品ものに近いカキフライという、この組み合わせが面白い。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在167食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

カテゴリー : [ takapu|新橋|カキフライ ]  記事の編集 takapu : 2006年01月27日 23:57

コメント