« 銀座・ぺるしぃ シェフのお任せコース | メイン | お知らせです。 »

2006年09月30日

川崎・仙薹屋総本店 クリームみつ豆(プリンのせ・470円+210円)

06-09-30-1.JPG

 川崎の銀柳街という商店街にある、創業してから80年以上が経つ和菓子屋さん。1階では色々な和菓子を持ち帰りで売っているのだが、2階に上がると甘味処となっており、あんみつ等の甘味や軽食を食べさせてくれる。

 さて、注文したのはクリームみつ豆。そこに、追加料金を払ってプリンをトッピング。注文して6分ぐらい待つと、席に運ばれてきた。

06-09-30-2.JPG

 ところで、ここの甘味にはレギュラーサイズとミニサイズがあり、今日頼んだのはミニサイズ。それでも、大ぶりの器にたっぷりの寒天や豆、そしてフルーツ、ソフトクリームとプリンが、これでもかというボリュームで入っている。

 そして、蜜はテーブルに黒蜜と白蜜が入った容器が置かれているので、自分の好きな甘さにすることができる。

 寒天の食感は弾力に溢れており、そこに少し柔らかい食感のゼリーと、求肥が加わることで、噛み心地のコントラストが出来る。そして、黒蜜の甘さとコク、更にじわりじわりと溶けて一体になる、ソフトクリームの甘さが加わり、全てが一体になって口の中で濃厚な旨みに変わる。

 また、自家製のプリンは見た目よりも、あっさりした甘さとコク、そしてボリュームを加えてくれる。このみつ豆を食べる上で、この甘さも欠かせない。

 実は、このお店に行った理由は、ラゾーナ川崎に行ったのだが、「京はやしや」が出店していた店に、えらく長い行列ができていたため。散歩がてらにこのお店に向かうことで、川崎駅周辺や川崎の甘味の力を感じるのもいいのではと思う。

-------------- 

 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

カテゴリー : [ 甘いもの|ひるベター|神奈川県内 ]  記事の編集 takapu : 2006年09月30日 22:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takapu0214.main.jp/mov/mt-tb.cgi/1053

このリストは、次のエントリーを参照しています: 川崎・仙薹屋総本店 クリームみつ豆(プリンのせ・470円+210円):

» 【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン! from 【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン!
2006年9月28日『ラゾーナ川崎』がオープン! ラゾーナ川崎はJR川崎駅に直結というアクセスの良さもあり、初日から大盛況。表参道ヒルズのオープンを彷彿とさせる混雑ぶりでした。 私も電車一本で行ける場所に住んでいるため、早速『ラゾーナ川崎』へ行ってきました。「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月21日 02:34

コメント

 【abuyasuさま】

 えらく上品に仕立てられた味ではないのですが、抹茶一辺倒的な、
現代甘味事情に風穴を開けてくれる品です。

 ちなみに、このお店には洋風なパフェもあります(笑)。プリンがダブルなんです…

投稿者 takapu : 2006年10月02日 09:53

 【NOBLEさま】

 ヤバイと思いますよ…だって、お昼御飯として十分なボリュームですし。

 ヤバイと思いますよ…だって、レギュラーメニューの器の大きさは、生で見ると丼みたいですから。

 ヤバイと思いますよ…黒蜜の隣に白蜜があるので、両方の味を試したくなります。

 ヤバイと思いますよ…「だしうどん」なんて魅力的なメニューもありますから。

 ヤバイと…思いますよ。

投稿者 takapu : 2006年10月02日 09:51

あら、めずらしく甘味。
それに反応しちゃうワタクシも...げこげこ。
うまそう(;´ρ`)

投稿者 abuyasu : 2006年10月01日 22:31

これは・・・ヤバイですね・・・

何がヤバイって、「ミニサイズ」と名乗るなら相応にわきまえて頂かねばならぬのに、結構ボリュームがあるのがヤバイ

何がヤバイって、ボリュームがある上に「これでもか」というワードがくっつくのがヤバイ

何がヤバイって、「自分の好きな甘さに出来る」というのがヤバイ

何がヤバイって、プリンは「見た目よりアッサリ」している、なんて聞いちゃうと「プリンは要らんよなあ」と思っていただけにヤバイ

何がヤバイって、川崎は近々、仕事で行かなければ行けないのがヤバイ

ヤバイ・・・・

投稿者 NOBLE : 2006年10月01日 07:04

コメントしてください




保存しますか?