« 築地・江戸川 タラの煮付け、肉豆腐、白イカの刺身(普通盛りのご飯とアサリの味噌汁のセットも含めて、2人分2,940円) | メイン | 銀座・あん塩 たかべの干物定食(1,000円) »

2005年08月01日

銀座・赤坂飯店 黒胡麻坦々麺(735円)

05-08-01-1.JPG

 赤坂見附に本店を構えるお店が、こんな感じで銀座マツザカヤの7Fに出店しているもの。店内に入ると、ほとんどの方が名物の坦々麺を食べている。とはいえ、自分は黒胡麻坦々麺を食べることに。

05-08-01-2.JPG 05-08-01-3.JPG

 さっそく、スープを飲んでみると、立ち上がりに黒胡麻のまろやかなコクを感じるが、すぐさまそれを数倍上回る辛さが口に広がる。黒胡麻のコクがやや甘めなものだけに、この辛さが非常に強力に感じる。

 お店の方曰くは「ラー油しか使っていない」というが、辛さの持続性は黒胡麻が入ることで、単にラー油だけ使ったものと比べても、一段階上に思う。

 以前食べた普通の坦々麺の記憶をたどりつつ言い換えると、ここの普通の坦々麺は 

 甘 2.3.4 辛 

 というメーターの幅があって、一口目から3→4という動きで辛いベクトルになるのだが、黒胡麻坦々麺の場合は、

 甘 1.2.3.4.5 辛

 というメーターがあって、一口目は2ぐらいのまろやかな味なのだが、その反動が辛さを2→5ぐらいまで増強しているという感覚になる。

 なお、なぜかやけに甘いコーヒーがついてくるのだが、実は本店で食べたことがないので、このマツザカヤ店限定なのか不明。また、入口には「840円」と書かれていたものの、実際に支払ったのはタイトルの金額。これもランチタイム割引なのかが不明。

カテゴリー : [ ラーメン・ラーメンっぽい麺料理|銀座|ひるグッド ]  記事の編集 takapu : 2005年08月01日 23:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takapu0214.main.jp/mov/mt-tb.cgi/581

このリストは、次のエントリーを参照しています: 銀座・赤坂飯店 黒胡麻坦々麺(735円):

» 水曜は赤坂飯店 銀座松坂屋店のランチがおススメ! from 銀座OL&横浜OL ちょっとリュクスな毎日
銀座中央通り沿い、銀座6丁目にある松坂屋銀座店。 本館7階のフロアーには、お好み食堂、資生堂パーラー、永坂更科、そして赤坂飯店の4店舗のレストランが入っています。 最近行った赤坂飯店は、坦々麺が美味しくて、 特に水曜日のランチがおススメ というのも、水曜... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月11日 18:18

コメント

 【霞町さま】

 やはり、食文化の歴史というものは重要ですので、グランドマスターの教えを受け継いでおります。

 【よーまさま】

 毎日新聞の地下だなんて、意外なところに出店しているのですね。

 ただ、コーヒーは出ないということで、コーヒーを出すということが、むしろデパートの大食堂的なテイストを演出しているのかもなぁと思いました。

 辛い麺のあとには、意外にも甘すぎるぐらいのこのコーヒーが、非常に助かります。

 【socitonさま】

 うまいですよ。

 日記には書いてないのですが、個性的なスープの味だったので、またもや、汁かけ御飯をやってしまいました…

投稿者 takapu : 2005年08月03日 00:05

うまそ〜ですなあ。
暑いけど、食べたいなあ。

投稿者 sociton : 2005年08月02日 21:45

こんにちは

赤坂飯店は竹橋の毎日新聞の地下にも支店があって
時々使うのですがコーヒーはついていなかったと思います
つうか値段がもっと高かったよーな気がします

普通は真っ赤かな色に気後れして
坦々麺はちょっと敬遠してしまうのですが
黒胡麻坦々麺なら今度ぼくも挑戦してみよーかなぁ

投稿者 よーま : 2005年08月02日 16:30

ラーメンぽいもの。。。
マスターの教えを守っておられますなぁ

投稿者 霞町 : 2005年08月02日 11:14

コメントしてください




保存しますか?