« 橋本・菜かむら 東京神保町らーめん昔味(550円) | メイン | 有楽町・micro cafe おにぎり2種(各150円) »

2005年10月29日

橋本・菜かむら 支那そばと味玉(850円)

05-10-29-1.JPG 05-10-29-2.JPG

 相模原市の左上にある橋本というエリアにあるラーメン屋さん。最寄り駅はJR横浜線と京王相模原線のいずれも橋本駅。

 この支那そばは10月の限定メニューということで、昼に10食・夜に10食という限定数で出しているもの。まず、スープを飲むとタマネギの酸味と甘み、そして動物系のダシに上手く乗ったまろやかな醤油味が口の中に広がる。出された時点での温度も飲みやすく、魚系のスープに比べてクセがない。そして、臭みが皆無だったので、いくらでも飲めてしまう。

 麺はこの店の細麺という具合ではあるのだが、細くもなく太くもなくの太さ。そして、その食感はつるつるしていながら、噛み応えとして多少の粉感をも感じさせてくれる。この麺とやさしいスープの相性が非常にいい。上品なスープの味を壊してないというのが一番。

 また、チャーシューはバラ肉のチャーシューを更にあぶったもの。このチャーシューの焦げ具合と脂身の味が、スープのやさしさと対比関係となる、いい意味での力強い存在感を持っている。

 やはり、作るのに手間がかかるということで限定メニューとなっているのだが、これは「ラーメン食べたい」という漠然としてイメージに合致する味。できればグランドメニューとしておいてもらいたいものである。ちなみに、この店の限定メニューには「同じものは出さない」というルールがあるらしい。

 で、グランドメニューのうちの味玉は、名古屋コーチンを使ったもの。これに同じコーチンを使ったと思われるそぼろの煮こごり餡がかかる。

 味玉の黄身の力強さと、それに負けないぐらいの煮こごり餡の組み合わせは、ラーメンのトッピングというよりは白いご飯と一緒に楽しみたくなるぐらいのポテンシャル。また、出されたときは少し固めの餡が、時間が経つに連れて食べやすいトロトロ感を出してくれるのもうれしい。

 さて、グランドメニューの麺はというと…

カテゴリー : [ ラーメン・ラーメンっぽい麺料理|ひるベスト|神奈川県内 ]  記事の編集 takapu : 2005年10月29日 20:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takapu0214.main.jp/mov/mt-tb.cgi/686

このリストは、次のエントリーを参照しています: 橋本・菜かむら 支那そばと味玉(850円):

» 麺や 菜かむら@相模原市橋本 from ◆走食見聞録 《ブログ》◆
まずはこちらをクリック〜♪ ☆人気ブログランキング☆ 有名ブログ☆ランキングへ 石神本 に載っていた 『 麺や 菜かむら 』 【 お店の地図 】 に お昼頃 スチャ!☆ミ(/ ̄^ ̄)/参上!! 店内は、U字のカウンターで10席ほど 内装は喫茶店風で非常に落着いた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月06日 16:17

» Cheapairlinetickets from Airlinereservations
You have many friends that post in your guestbook - it is cool! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月11日 12:38

コメント

コメントしてください




保存しますか?