« 銀座・松屋銀座 「第2回GINZAの北海道展」〜【函館】幸寿司 帆立のおこげ(5個入り630円)〜 | メイン | 赤坂・弥市 まぐろ大盛り丼(1,000円) »

2005年11月07日

京橋・ぼんぼり京橋店 三陸カキと白菜のクリームソース(950円)

05-11-07-2.JPG

 毎度お馴染みの創作和食のお店だが、今日はこのメニューに吸い寄せられるように入店。

 「自家製ライ麦パンとサラダ付き」と、メニューと書かれていたのでだったので、最初はシチューのようなものだと思っていたのだが、12分程度待って出てきたものはなんとクリームソースのパスタ。

 具はカキと白菜しか入ってないこのパスタ。しかし、カキの大きさは約6センチで、それが7個入り。まず、その見た目に圧倒される。

 一口食べると、その味はやわらかくまろやかなホワイトソースに、カキのエキスと塩分が流れ込んでいるというもの。そして、カキ本体の味も実にグラマラス。エキスのコクやら甘みが強いというよりは、全体が濃厚な味。これに白菜の甘みが加わることで、味のバランスが高いレベルで融合する。ポイントはホワイトソースが強すぎないことか。

 また、パスタ本体は細めなので、このソースの濃さに対してほどよく馴染むものとなっている。自家製のライ麦パンもモチモチした食感で、ソースをつけて食べると、やわらかいソースとパンの2層の旨みが口に広がる。
 
 「カキタベ!」をやっていて思ったのが、これまでは「カキをおかずにしてご飯等の主食で満腹になる」という料理に出会うことがほとんどだったのだが、これはパスタもさることながら、「カキを食べてカキの味でおなかいっぱいになる」というものなので、カキ料理ファンにとっては、たまらない一品である。

カテゴリー : [ 和食|ひるベスト|京橋 ]  記事の編集 takapu : 2005年11月07日 23:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takapu0214.main.jp/mov/mt-tb.cgi/700

このリストは、次のエントリーを参照しています: 京橋・ぼんぼり京橋店 三陸カキと白菜のクリームソース(950円):

» 11月12日 『日本橋ぼんぼり 京橋店』 再訪  from 拓虎の”虎・食・音”日記
創作料理店『日本橋ぼんぼり京橋店』に再訪した。10月8日に初めて訪問したのだが、本当に驚きと感動の連続だった。この時期、毎年恒例の”ヒット番付け”が発表されるが、自分にとって、今年初訪したお店の中で、『日本橋ぼんぼり京橋店』は、間違いなく”東の横綱”だ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月20日 02:55

» 「ぼんぼり」 京橋 ランチ from 遊・癒 life
今日は、以前友達から教えてもらったお店に行ってみた。 メニューは6種類。 どの料理も1,000円以内の料金です。 私が注文した料理は「鳥そぼろとろろ丼」。 大きなどんぶりにご飯がガッツリもられ、 鳥のそぼろととろろ、万能ネギがのってます。 副菜としてサ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月26日 18:58

コメント

コメントしてください




保存しますか?