カキフライにまつわるカキ料理の記事

2006年09月08日

銀座ナイン「東尋坊」でカキフライ定食(800円)

第3シーズンのカキタベニストの活動を、ご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


夏でもカキフライ定食がある銀座ナインの「東尋坊」へ行ってきました。

銀座ナインの地下飲食街でカキフライというと、「はと屋」が出てきてしまいますが、シーズンにならないとメニューに載りません。
「東尋坊」は外観からして全く普通の居酒屋で、日替わり弁当・鯖味噌・鉄板焼き等、他のメニューがあまり魅力的ではないお店です。
しかし、カキフライがそこにあるのなら行かねばならないカキタベニスト!

暖簾をくぐると、元気のいいおばちゃんが二人出迎えてくれます。先に食券を買い、席に着くと番茶が出てきます。で、しばし待つとお盆にのってカキフライ定食が。
不揃いの大きさのものが四個と、物足りなさを感じますが、大きめなものもあり、十分に食べ応えがあります。細かいパン粉でしっかりと揚げられたカキフライは、サクッとカリッの中間くらい。中はジューシーでけっこう美味い。カキの味がしっかりと感じられ合格です。
キャベツ・トマト・キュウリがちょこっと添えられ、横にカレー味のマカロニサラダ。
お漬物と昆布の佃煮もちょこっと。お櫃にたっぷり入ったご飯を完食するには、しらすおろし100円を一緒にオーダーしたほうが良さそう。

食べてる途中で、カキフライ無くなりました〜との声が。まだ12時20分。限定10食位なのか??

--------------

 今日もご覧いただきありがとうございます。

 通算194食目を迎えたカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。

記事の編集 takapu : 23:14 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年09月07日

新橋・キッチン岡田 サービス定食(800円)

第3シーズンのカキタベニストの活動を、ご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


06-09-07-1.JPG

 新橋駅を出て、ニュー新橋ビルを右側に見ながら、愛宕山方面に続く道を進むと、とある雑居ビルにこんな洋食屋さんがある。ビルの入口には「キッチン岡田」の看板が出ているのだが、どことなく秘密結社的なオーラも漂うお店なので、なんとなく入りづらかったのも事実である。

 しかしこの日、店の入口に貼られていたメニューに…

06-09-07-2.JPG

 メニューの右側に…

06-09-07-3.JPG

 カキフライの文字を発見! ということで、速やかに店内へ。

 このお店はカウンターだけのお店である。そして、壁には無数のマンガ本。どうやらこのお店、ご主人が一人で切り盛りしているので、注文から出すまでにやや時間がかかるゆえに、マンガをたくさん用意している模様。マンガ喫茶は無数にあるが、マンガ洋食屋というのは聞いたことがない。ということで、ドカベン(プロ野球編)を持ってカウンターに座る。

 で、カキフライやミートボール、そしてハム・玉子ピラフがセットになったサービスランチを注文。ドカベンを読もうとすると、いやおうなく目に入る、どことなく児玉清に似ているご主人の動きが…すごい。

 ピラフを作るときは、既に炊いてあったピラフを、フライパンに投入し、そこに溶き玉子を入れて一気にフライパンをあおる!まるで、ピラフチャーハンの様相。

 で、その横のスペースを使って、ミートボールの準備をしているのだが、ちょっと深めのお皿に入ったミートボールが…いや、それはハンバーグじゃないかと言いたくなる大きさ。しかも、付け合せのパスタが妙に幅広いのも印象的。

 そして、メインのカキフライも既にこんがりと揚がっている。そんな動きを見ているうちに、いつの間にか20分近く経過し、ようやくフルセットが目の前に出された。

06-09-07-4.jpg

 コンソメスープには、玉子とタマネギが入っており、その甘さを感じつつ、このお店にものすごくフィットした味だなぁと感じる。そして、ミートボールは、やや甘めのドミグラスソースとの相性がよく、ごはんのおかずとして最適なのだが、しっかりと月桂樹の葉が入っていたりするのを見ると、実際の味よりも深い何かを感じる。

 ピラフは単純に、「あー、久しぶりに会う味!」という印象。おかずがなくてもがっつり入ってしまうし、単にこれだけ注文してもいいぐらいになっている。

 そして、メインのカキフライ。夏牡蠣のカキフライとは、岩牡蠣のカキフライのことである。岩牡蠣は秋冬を中心に出回る真牡蠣と違って、そもそもの牡蠣種が違うことから、産地として必要となる条件が少ないため、地場ごとに大きさや味の個性の幅が広いというものである。

 で、カキフライにしたときに感じる味の違いは、真牡蠣のフライの味が一気にエキスも旨みも広がるというものに対して、岩牡蠣はじんわりと、徐々に旨みが広がるという具合。そして海らしさを感じさせる味という意味では、こちらのほうが濃厚に感じた。大きさそのものは7センチと、岩牡蠣にしてみると小ぶりな部類に入ると思われるが、岩牡蠣らしさがしっかりと出た、真っ当に旨いカキフライである。

 そして、カキフライの横にエビクリームコロッケ。いい意味で期待を裏切って、エビがプリプリなのが印象的。

 正直、「どうして、このお店の外観で岩牡蠣のカキフライが!?」という印象だったのだが、改めて味は店の外観が決めるのではなく、作り手の思いが決めるのだと実感。ちなみに、「カキフライ?一年中やっているよ」という、ありがたい言葉。カキタベニストにとっては聖地かもしれない。

--------------

 今日もご覧いただきありがとうございます。

 通算193食目を迎えたカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。

記事の編集 takapu : 23:58 | コメント (0) | トラックバック(0)

銀座キャンドル自由が丘店でカキフライ

第3シーズンのカキタベニストの活動を、ご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


自由が丘の銀座キャンドルでカキフライランチ(800円)
岩ガキでカキフライが喰えんのかなぁ〜と看板につられ入店。
オーダーした後で聞いたら「通年メニューですっ」とのこと。

銀座で食ったキャンドルのカキフライは衣が優しくサクッと
揚げられていてソコソコ美味しかったので大丈夫かな?と
思っておったのですが。。。

kasumi_060907.jpg

なんか妙に薄べったいのが登場。
ナイフで切ってもジューシィーさは乏しく。。。

ちなみに下の画像は銀座キャンドルのカキフライ。

kasumi_060907-2.jpg

本店のように衣のパン粉のサックサク感があればもう少しイイと
思うのにぃぃぃ

唯一、美味い♪と感じたのはつけあわせのスパゲッティ。
オムライスとかチキンバスケットにすればよかったよぉ〜。

--------------

 今日もご覧いただきありがとうございます。

 通算192食目を迎えたカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。

記事の編集 takapu : 22:55 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年03月22日

築地「豊ちゃん」でカキフライライスカレーがけ&ストラップ

今日も、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


築地市場内の「豊ちゃん」でカキフライライスカレーがけ&玉入り味噌汁を食べました。
もう「豊ちゃん」は食べつくされているので、ちょっと変化球ですが、カレーにカキフライをトッピングではなく、カレーをかけてみました。
いや〜、カキデカイ!!美味い!!揚げたてアツアツ!!口の中の火傷に注意!!です。
カレーもとっていい味で、こんなに美味しかったっけ?と思ってしまいました。で、カキフライとのマッチングは・・・やはり変化球でした。カキフライ全部にカレーをかけてしまうのはもったいないです。半々でちょうどだと思います。
それとキャベツは無くてもいいかと思います。ポテトサラダに替えるのが通かも。
あと、玉入り味噌汁は、やっぱり外せません。

大満足で店を出ると、扉に「豊ちゃん86年記念ストラップ」ありますと!
ブタのコックさんのやつです。思わず買ってしまいました。
豊ちゃんファンの方、是非お買い求め下さい。ほとんど知られていないと思いますよ。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在185食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 00:11 | コメント (2) | トラックバック(0)

2006年03月15日

新橋「メルシー」でカキフライランチ

今日も、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


新橋駅から外堀通りを内幸町に向ってすぐの右側にある「メルシー」です。
入り口にカキフライランチ900円と書いてあるのですが、なんとなく入っていなかったお店です。
ちょっと前までは、かなり年季の入った喫茶店だったのですが、改装小奇麗になってます。で、入ると、地下でもいいですか?と聞かれ、いいですよ〜と答えると、ずんずん奥まで行って、一旦店を出てしまいます。そして地下へ。1Fとは違ったややチープな内装のところへ通されました。
ま、しょうがないかと待っていると、ライスと共に出てきたのは、平べったくてかなり大きいカキフライが4つ。キャベツは盛り付けてから暫く時間がたっている感じでしたが、カキフライは一個揚げでは最大級、揚げたてで、結構美味い!十分に熟したカキといった感じですかね。
豚肉を叩いて伸ばして、かなり大きくしてカツにするというところもありますが、カキを平たく伸ばして揚げてあるのはここだけかも。

100円でドリンクが付きますので、粘ろうと思えばどれだけでも。当然喫煙可。女性比率は1割切るか?

ちなみに、ここのオーナーは町会長さんのようです。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在184食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 22:42 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年03月12日

上野・レストラン ラコール カキフライ定食(1,470円)

今日も、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


06-03-12-2.JPG

 東京国立博物館の東洋館の別棟にあるお店。レジ横に置かれていたお土産用のお菓子を見る限り、どうやら精養軒の系統らしい。意外に多くのメニューがあったのだが、注文したのは当然カキフライ。

 まず、運ばれてきたスープを飲むと、じんわりとしたコクとコーンの甘みが広がる。クルトンも軽快な歯ざわりをしっかりと加えている。

 そして、カキフライが運ばれてきた。

06-03-12-3.JPG

 三陸産のカキを使ったフライは、なんと9センチクラスの大物ぞろい。ナイフとフォークで3センチぐらいに切ると、くっきりしたワタ部分の模様が現れた。そして、食べると本当に濃厚な味。やや大きめの衣の食感に負けないぐらいのスケールを持っている。

 また、タルタルソースをつけると、濃厚なタルタルによって更に濃厚な味となり、レモンを絞るとしっかりと食べやすい味となる。サラダも数多くの野菜が乗っていることに好感。

 この手の場所にあるお店というのは、多少怪しいというイメージがあったのだが、しっかりとしたものを出してくれるというのがありがたい。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在183食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:37 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年02月14日

煉瓦亭新富本店でカキフライ

今日も、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


忘年会シリーズ以後、体重の増加傾向が止まりません。。。
なんだか胃袋が大きくなったのかしらん(-ω-)
昨晩もエアロで汗をたっぷりとかいた割りには、64.9kgと
逆に増えとります。。。

あーあ、ランチを少なめにして蕎麦でも食べなきゃなぁ〜と思って
たどりついたのは洋食元祖 煉瓦亭 新富本店。

でもって例のごとくカキフライチ(1500円)をオーダー。
銀座総本店よりスープがついて100円安い。
そしてライスも心なしか多目( ´∀`)ノ

kasumichou-2006-02-14.jpg

カリっと揚ったカキフライがジュッと音をたてながら登場。
銀座総本店と比べるとヤヤ衣固めですね。
季節も終盤なのかジューシィさに欠けてチョト残念。
他の揚げ物とミックスしてオーダーすれば良かったなぁ〜

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在178食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 13:18 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年02月08日

煉瓦亭銀座本店でカキフライ

寒い中、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


無性にカキフライが食べたくなって、今シーズン初の煉瓦亭銀座本店へ。。
途中、エスペロのカキのクリームスープに心が動くがズンズン歩く。

フライング気味だったのでスンナリと着席。待つこと数分。
やって来ましたマイベスト カキフライ♪
やさしく そして サックリと揚っている衣は相変わらず(゚Д゚)ウマー

kasumichou-2006-02-08.jpg

あれ?でも何か、昨年と違ってダクダクと溢れ出るジューシーさが
足りないような気が。。。

あと、タルタルソースってこんなに甘かったっけ??
美味しいことには変わりはありませんが、ちょっとスカをくった感じ。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在173食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:40 | コメント (0) | トラックバック(1)

2006年01月30日

はちやでカキフライ

寒い中、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 銀座一丁目を歩いていたら「和を食す」という看板が
目に入り、「はちや」さんに入ってみました。

和食の定食が数あるなかから、いつものごとく頼んだのは
カキフライ(1000円)
しばらく待つと「これは唐揚げ??」って感じのカキフライ
が登場。

kasumichou-2006-01-30.jpg

ご覧のとおり衣が四方八方に元気に飛び出ております。
カキの方はフツーに美味しかったのでガリガリとした衣が
好き嫌いの分水嶺でしょうか。

あと豚汁は美味しく、浅漬けと昆布がとり放題なので
大食漢な人はご飯をおかわりしてくださいっと。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在168食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月27日

新橋・和楽 かきランチ(1,000円)

寒い中、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 「そういえば、今週はまだ牡蠣ものを食べていなかった」と思い、このお店へ。

 注文したのはカキフライに漬物、刺身、ごはん、味噌汁というラインナップの「かきランチ」。

 まず手をつけた大根と油揚げの味噌汁は、油揚げのコクがじんわりと広がっており、全体に落ち着く味となっている。次に、ブリの刺身。モチモチした身と血合による対照的な食感と、判りやすい濃厚な脂を、厚さ約1.2センチ近い豪快なボリュームで食べることができる。

 そして、主役・揚げたてのカキフライが運ばれてきた。

06-01-27-2.JPG

 7僖ラスのカキフライが3個。一口食べると、よく食べるカキフライとは異なる食感。久しぶりに「生食用の牡蠣を揚げたカキフライ」だった。外のサックリとした衣に対して、中は生牡蠣の特長がそのまま残っている。濃厚さという部分では少し加熱用よりは弱いので、何もつけずにそのまま食べるよりは、レモンやソースとの相性を活かして食べることをオススメ。
 
 こう考えると、ご飯のおかずとしての味噌汁とブリと漬物、ご飯のおかずというよりは単品ものに近いカキフライという、この組み合わせが面白い。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在167食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:57 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月19日

かとうでカキフライ

寒い中、カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


いまさらですが。。。明けましておめでとうございます。
昨年末から忙しかったり(多分、人並み)出張が多かったり。。
そして処理能力が低いものですっかりご無沙汰してしまいました。

今日は築地に牛タンブロックを買いに行ったので市場まで足を
のばして「かとう」さんでカキフライ(1250円)を堪能して
参りました♪

kasumichou-2006-01-19.jpg

ザクザクっとした衣の下はプリっとしたカキが入っていまして
美味しいっす。衣にしみるオイルの具合もちょうどよくって
とても幸せ♪

隣の女性もカキフライ、そして後から左に座ったOL陣もカキフライ
4人並んでカキフライを食べているのは何か社食っぽくて
照れちゃいますね。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在163食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:09 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月11日

虎ノ門「大戸屋」でカキの味噌煮込みうどん&カキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


新規開拓というか、見回りというか、虎の門方面へ行き、パチンコ屋が二軒とも無くなったな〜などと思っていたら、「大戸屋」に女性の行列が・・・そしてカキの味噌煮込みうどんの宣伝がババーンと。カキタベ!これは行くしかないでしょう。。。

ここの「大戸屋」は、とても小奇麗に作ってあります。ダウンライト、白木のテーブル、BGMはジャズ、お盆や器に至るまで安っぽいところは無い、女性比率は60%位じゃないでしょうか。座席数は56席で回転も悪くない。接客もなんとかこなしており、イライラすることはそんなに無い。

で、カキの味噌煮込みうどん定食+カキフライ単品を注文しました。5・6分程待つと、お待たせ致しました〜とお盆を二つ持って店員さんが。
周りの女性からチラッと冷たい視線(・・)気にしない気にしない。。。

カキフライは小さく形が整ったものが5個、うどんには3個のカキが入っていました。
お味のほうは・・・カキフライは見た目はきれいに揚がっているのですが、中はジューシーというよりベチョッといった感触。冷凍物にありがちなヤツです。×××
しかし、付け合せのキャベツは、値段が上がっているにも関わらず、タップリと盛られて○。バジルソースのペンネも美味しかった○。そしてテーブルにあるソースがちょっと辛めで美味しい○。で、引き分けに持ち込まれました。
味噌煮込みうどんは鉄鍋で出てきます。白菜、ねぎ、人参、みず菜などが多めに入っており、玉子ものってます。味は八丁味噌がベースとなっており、名古屋の味噌煮込みを連想させますが、濃くは無く、麺も少なめで、ついてくるご飯も少なめ、女性向きです。
小ぶりのカキは、フライよりは味がしました。
付け合せの、春雨のサラダが美味しかったので、総合点では○が付くと思います。
値段は合計で1,302円。

大戸屋の人気があるのは判りましたが、カキタベ!としては納得のいかない結果となりました。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在159食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 17:14 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月04日

神保町・kitchen Hayashi カキフライ定食(800円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


06-01-04-1.JPG

 書き初めならぬカキ初めとして選んだのは、「カキタベ!」掲示板に「やけにコストパフォーマンスがいい」という書き込みがされていた、神保町のこのお店。

 まず、サラダとコンソメスープが運ばれてくる。

 サラダの特長として、もやしにキチンとゴマが和えてあるので、一口食べると食感から始まって、もやしの水分とドレッシングが一体となり、そこにゴマの風味が加わる。一方のコンソメスープは具が入ってない言わば正統派で、少し薄味のもの。とはいえ、本当にじんわりと口の中で旨みが広がるので、食前のスープとしての機能を果たしている。

 次にカキフライが乗った大皿とライスが運ばれてきた。

06-01-04-2.JPG

 広島産のカキを使用した、平均7センチクラスのカキフライが5個乗っており、付け合せにはケチャスパとキャベツが乗っている。ここのカキフライには、タルタルソース、特製ソース、大根おろしのポン酢和え、そしてレモンというように、豊富なソース類がついてくる。

 まず、何もつけずに一口食べると、パン粉のサクっとした食感と、絶妙な火加減によりレア状態に揚げられたカキの水々しい味と、ヒダやワタの苦味が口の中に広がる。とはいえ、まるで生食用を使っているかのような水々しさがあるので、苦味にはいい意味で密度がなく、口通りがまろやか。ちなみにここのパン粉、砂糖を少なくしたパンにより作られたものを使っているとのこと。

 次に、自家製のタルタルソースをつけると、今度はタルタル主導の味となり、タルタルのコクと牡蠣のコクが相まって、水々しさをいい意味で打ち消してくれる。また、自家製ソースは少し酸味を持ったもので、これは芥子と酢を入れているからとのこと。

 唯一、大根おろしは牡蠣の水々しさに、水っぽさが加わってしまう組み合わせになってしまったのだが、これらの調味料の組み合わせとしては、自家製ソースをまぶしたカキフライに、更にタルタルソースを乗せると、濃厚なタルタルの味と酸味が効いたソースの味によって、カキフライにとって一番いいバランスなのではと思える。

 また、付け合せのケチャスパも、食感がへなへなした頼りないものではなく、しっかりとした歯ごたえと、口の中をリセットさせてくれる程度の適度な味付けを持つ一品。

 この値段でソースによるカキフライの食べ比べができ、素材にも揚げ方にも付け合せにもこだわりを持った店は、そうはない。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在157食目を迎えたカキタベニストの活動を、今年もいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:57 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年12月27日

大井町「廣田」でカキタベ! 〜その2・カキフライ〜

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 生牡蠣・焼牡蠣の食べ比べの次は、カキフライ。

2005-12-17-4.JPG

 テニスボール程の大きさのカキフライというか、カキボールフライ。カキの数は、17個程入っているそうです。パン粉は築地「豊ちゃん」のものと同じ。じっくりと揚げ、周りのコロモは固めに仕上げ、カキから水分が出てもその旨味をコロモで閉じ込め、凝縮していくそうです。下味がついているので、レモンをだけで十分に食べられるとのこと。

 普段、カキフライは、大きめだ、小さめだ、5個だ6個だ、3個はないだろう、などと言っているが、17個がまとまっているなんて、次元が違いすぎます。見た目でかなりの迫力。

 先ずは一口と出来る大きさではないので、お箸で割って、一口。

2005-12-17-5.JPG

 ウマイ!コロモが固いのだが、これがなんとも美味しい!カキ自体は小さめなのだが、それがまた口の中でカキの複雑な味を増幅させる効果となっている。

 油っこいとかは全く感じず、途中で飽きることもなく、最後まで美味しく食べることが出来た。(白状すると、焼牡蠣の時に出された、柚子醤油をちょっと垂らして最後に一口食べたら、これまた美味しかった…)

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 「大井町「廣田」でカキタベ!」シリーズは、大晦日までの6日連続で、4人のカキタベニストが廣田で食べたカキ料理・全6食のうち、一番気に入ったものについて、リレー形式で記事を執筆いたします。

 次のメニューが気になる方は、ぜひともbanner_02.gifをクリックして、編集担当にはっぱをかけてください。

記事の編集 takapu : 23:58 | コメント (0) | トラックバック(1)

2005年12月26日

有楽町・まんぷく食堂 カキフライ定食(1,029円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


05-12-26.JPG

 有楽町のガード下にある、昭和レトロな外観のお店。

 まず、カキフライやキャベツが乗った大皿が出てくるのだが、その際に…

 「これは、どこ産の牡蠣ですか?」と聞いたところ、

 「国産だよ」

 「いや、そうではなくてどこ県産の…」

 「えっと、徳島かなぁ。四国のほうから来ているから」

 …と、こんなやりとりがあってから食べるカキフライは、大きさ約6センチクラスの既製品としか思えない味。はっきり言って旨くもなんともなく、「ただのカキフライ」に過ぎない。というより、店の人間が素材の産地すら知らないのだから、話にならない。

 味噌汁も具をおわんに入れたあとで、汁を入れるもので、マカロニもカレー味とケチャップ味の中間の変な味で、キャベツのドレッシングもただ味が濃いだけ。

 正直、これで1,000円以上というのは、信じがたい事実。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在156食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:48 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年12月17日

フリッツでカキフライふたたび

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


人間ドックで赤坂見附にやってまいりました。
バリウムでオナカが膨れているんですが、赤坂見附といったら
フリッツがあるじゃーないですか!

もちろん食べましたよっ カキフライを!
今年、マイベストなカキフライと位置づけておりますフリッツのカキフライ。
マジで美味いです。サクッとジューシーで♪

kasumichou-2005-12-17.jpg

口の中でジュースが広がるのは至福でございます。
カツやメンチも食べてみたいのですが、カキフライを頼んじゃうんですよねー。

あとネ、キャベツも美味しいんですよ。千切りした後、手で丁寧にほぐしている
のでフワっとしていて美味しいんです。
家でやったら、子供も喜んで食べるかな??

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在152食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 18:19 | コメント (0) | トラックバック(1)

築地「禄明軒」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


今まで足を踏み入れたことがない「禄明軒」へ。

どこもかしこも大混雑で、もうここしか残っていないか〜と、場内の他店とは一線を画した雰囲気へ突撃。周りを見ると絵画をバックに、河岸関係者がバラバラと座っている、というなんともシュールな感じ。

ちょっと慣れた風に『カキフライとカキソテーを半々に出来ますか』と聞くと、『出来ませんー』と即行で断られました。あの不思議な雰囲気を持つお店の方に。

では、カキフライライス(800円)で、とお願いするとオーダーを奥へ通してました。あのお方は、配膳・盛り付け・洗い場担当なんです。奥で調理されているのは、お母さま?と思しき年配の女性の方です。

カキフライは人気メニューのようで、お客さんの半分はカキフライライスです。
キャベツの千切りにレモンと不揃いの大きさのカキフライが5個。パン粉の大きさも不揃いでしたので、手作りパン粉??
場内の他のフライ系のお店に比べて、軽い感じがしました。ご飯もお皿で出てきますし、なんだか調子が狂います。食った〜という満足感が得られそうもなかったので、途中で、ポテトサラダ(300円)を追加。キャベツと共に出てきました。。。味で特筆すべきことはありません。

ムムム、何かが違う。。。あの方は、お店のお客さん達とはムダ口はしないし、さっさとこなしている…奥で何か叱られているような声が…ん〜よく判らん。。。

ナゾが残る「禄明軒」違う意味で面白いお店でした。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在151食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 17:58 | コメント (2) | トラックバック(2)

2005年12月15日

ポークソテー、カキフライ半分、ウィンク@たけだ 1250円

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


飲み会の翌日ではあるが、今日は汁モノ以外もOK!
(凄い!     って、もしかして普通?(笑))

で、今日は「たけだ」で“ポークソテー”&“ウィンク”。
もちろん、“カキフライ”も半個つけまっせ!

tsukijiou-2005-12-15-1.jpg

tsukijiou-2005-12-15-2.jpg

ちょいとほろ苦いドミグラのかかった“ポークソテー”の美味いこと、美味いこと!(満面笑)
牡蠣も随分大きくなってきて、食べ頃で〜す!

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在148食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:36 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年12月06日

ぎんざ井泉でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


お久しぶりでございます。ここのところ出張が多くって。。。
ひさびさに出張から戻ってきたので銀座でランチ。
井泉のカキフライ(1260円)を食べました♪

写真を見ると一口カツみたいですが、小ぶりのカキを2個揚げ
してあるんでこのような形となっております。

kasumichou-2005-12-06.jpg

サクサクッとした衣が(゚Д゚)ウマー。
やっぱ1000円以上だすと”アタリ”の確率が上がりますネ。

※甘口のソースはくどいのでカキフライにゃーあわないと思いまっす

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在143食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 14:20 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年11月29日

新橋・とんかつ末吉新橋店 カキフライ定食(1,000円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


05-11-29-1.JPG

 「カキタベ!」掲示板に、この店に関する美味しそうなタレコミがあったので訪問することに。店頭には数人の行列ができており、カキの殻が飾られていた。

 5分ぐらい並んで店内に入り、カウンターに通されると昨日に続いて厨房の目の前だった。

05-11-29-2.JPG

 揚げ担当の方が、卵の入ったボウルに浸された牡蠣を取り出しては、手馴れた手つきでパン粉をまぶしてフライヤーに入れる。この一連の流れを見ているとまったく飽きない。

 しばらくすると、じっくりこんがり揚がった大粒のカキフライが、一つまた一つとトレイに引き上げられ、大盛りの千切りキャベツとタルタルソースが乗ったお皿に盛られて、運ばれてくる。

05-11-29-3.JPG

05-11-29-4.JPG

 一つが9センチぐらいの大ぶりなカキフライの味は、これが赤崎冬香と特長なのだろうか、全体に濃厚でありながら、各部位の味の特長がしっかり出ている。特筆は貝柱の部分で、しっかりとした食感となっており、これが衣と絡むと独特な食感を楽むことができる。

 ただ、若干衣に焦げた味がしてしまっており、それが牡蠣の風味を少し消していたのが残念。とはいえ、ボリュームに関しては、これまで自分が食べてきたカキフライの中でも随一と言える。

 また、食べているときにキャベツの千切りのお代わりを、ドサっといただけたり、味噌汁も薄味ながらもしっかりとしたコクがあり、大根やニンジン、ごぼうも入っているので非常に健康的。

 ちなみにこのお店、「どっちの料理ショー」で紹介される前から赤崎冬香を使っており、既に5年以上も使っているとのこと。年1回で考えると最低5回、この素材を食べていることになる常連さんがうらやましい。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在139食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:14 | コメント (5) | トラックバック(3)

2005年11月25日

tukiji kitchenでカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


久々の銀座(編集注:最寄は東銀座です)ランチ。チョコチョコとした出張と自宅の引越しで体が重く
遠出はヘビーなので比較的近い(といっても会社の人はここまで来ない)
tukiji kitchenでカキフライ(1000円)を食べました。

まずはスープとサラダが運ばれてきまして、ほどなくすると細長く
大きめのカキフライが登場。タルタルソース付。
一口では食べられないくらいの細長さだったので、えーん、スープでちゃう。。
と思いながらガブリと噛み付くと、スープはでませんでした。

kasumichou-2005-11-25.jpg

ジューシィィィーなカキフライが好きな人には駄目かも。
カキは丸っこい方がジューシーなんでしょうかネ?

お店も綺麗だし、コーヒーもついて1000円はお値打ちだと思いますが
オトコは市場まで行ってむさぼる様にカキフライを喰うべし。

私にはありえないシチュエーションですがOLさんとランチするなら
おススメ。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在136食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:58 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年11月24日

内幸町「フォルクス」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


今日は引きずられるように、ご近所の「フォルクス」へ。数人待ちだが、回転はいいので、テーブルが片づけば座れます。(なかなか片づかない…)

オーダーしたのは、ビーフソテー&カキフライランチ+Cセット(1,291円)。サラダバーとスープバーを付けました。
コーンポタージュスープはコーンがないタイプのもの。普通です。サラダバーは、枝豆がちょっと珍しかった程度。
暫くして、「鉄板が熱いのでお気をつけ下さい。ライスはお替り出来ますのでおっしゃって下さい。」とマニュアル通りの説明があり、『見れば判るよな〜』と思いつつ、鉄板の上の陶器のタルタルソースの器に添えられたレモンを持ったら、熱〜〜い!!!レモンの端が微妙に鉄板に触れていたようである。
皆さん、気をつけましょう。熱いのは鉄板だけではありません。。。

もやし中心の野菜炒めの上の小さな(平均4.5cm位?)カキフライ3個に、なんとかレモンを絞り、タルタルソースをたっぷりつけて、一口かじると、しっとり・しんなり・トロリっと??カニクリームコロッケ?!いや、カキクリームコロッケ??と思ってしまいました。冷凍カキフライをそのまま揚げていると思われます。整った形をして、色合いも綺麗に揃っております。でも、しかし、_| ̄|○

ビーフソテーは、ハラミの柔らかいものがゴロゴロと。まだこっちのほうが美味しいと感じてしまうのが情けない。

ただ今、カキタベ! 二連敗中。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在133食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 16:02 | コメント (0) | トラックバック(1)

2005年11月22日

カキフライ定食@きっちん さだ坊 1150円

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


振り返ってみると、4日連続ラーメン(驚)!
しかも、明日は祝日で、またまた麺モノが濃厚(笑)。

といふことで、カキタベエントリーに貢献すべく“カキフライ”。
どこにしようか?・・・迷った挙句、辿り着いたのがウルトラ久しぶりの「きっちん さだ坊」。

tsukijiou-2005-11-22.jpg

お皿から転がり落ちそうなドデカサイズのカキフライが5本!(10cmくらいかな?)

あと一歩で「焦げ臭い」の領域に入りそうなほどコンガリ揚げられているが、
カキ自体が大ぶりなので、ジュースィさもそこそこ。

生っぽいのがお好みの方には駄目だと思うが、
味も濃厚で、食後の「カキ食った〜」感はかな〜り高く、自分的には結構好きかも。


つけあわせをもう少し頑張ってくれると、嬉しいんだが・・・

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在132食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 21:29 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年11月21日

銀座「いしかわ五右衛門」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


銀座へ向い、カキの新規店を探し歩いた結果「いしかわ五右衛門」というふぐ・魚料理のお店のランチ立看板に『カキフライ定食950円』とでかでかと張り紙がしてあったので、小さなビルの5Fへ。

エレベーターを降りるとすぐにお店。カウンターにテーブル席が6つ位。割とゆったりしています。(先客は二人だけ…)
他のランチメニューは、とろろとアジフライが売りのよう。とろろ+アジフライ一枚+カキフライ二個というセット(1,250円)もあった。
私の注文は、カキフライ。ほうじ茶ともやしの惣菜と芝漬けのきざんだもの+たくあんが出てきて、暫し待ち。(オシボリ無し)

で、出てきたのは不揃いの大きさのカッチリとしたカキフライ5個、キャベツ山盛り、トマトにカラシ。タルタルソース無し。テーブルソースは学食にあるような容器(押して出すタイプ)。
不揃いなカキフライは珍しく、見た目にはちょっとカワイイ。だが、しかし、一口食べてビックリ!堅い!!カリッととかサクッとという表現ではなく、ガリッといった感じ。細かい衣がしっかりついて、じっくり揚がっちゃってます。中のカキにジューシーさはありません。おそらくアジフライに合う揚げ方なんだと思います。多分。。。
ご飯はムギが入っており、ボリューム有り。味噌汁はかなり濃い目。

その後、ぽつぽつとお客さんが入って来ましたが、全て男性客。常連さんらしき方もいらっしゃいましたが、そうだろうな〜という感じです。

今週は、カキタベ!リベンジ決定です。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在131食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 22:48 | コメント (2) | トラックバック(2)

2005年11月17日

麻布十番「EDOYA」でカキフライ&ボジョレーヌーボー

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


外出のついでというか、わざわざというか…。麻布十番の「EDOYA」へ行ってきました。
13時頃に辿りついたのですが、お店の前に待っている人が…。さすがアザブジュバーン。
でも5分程で座れました。二人掛けが4つ、四人掛けが2つ、カウンター5席とこじんまりとしています。お客さんは、ご年配の方が多いですね。優雅に食べていらっしゃいます。

メニューも見ずに、カキフライとライスを注文したのですが、今日はヌーボーの解禁日ということで、「ジョルジュ・デュブッフのボージョレーヌボー」グラスも追加で。
カキフライが出来上がるまでの間、今年は美味しいと言われているヌーボーをちびりちびりと。
日差しを浴びて、ノンビリと。時間の流れがなんだか違いますね〜。

出てきました、カキフライその数6個と山積みです。タルタルソースとカラシがお皿に添えられ、キャベツにはオリジナルのドレッシングを希望を聞いて後からかけてくれます。レモンを絞り、まずは一口。やや大きめのパン粉ですが、洋食屋さんならではの程よいサクッとした感触。美味しいです。文句なしです。
タルタルソースが足りなければ追加で出してくれますが、ソースでも食べたいので、と手を伸ばすと、そこにはブルドックソースのプラスチック容器…。ラベルこそはがしてありましたが、中味はまさにブルドックソース中濃。残念。。。
でも、まあ美味しいからいいか、とほろ酔いでお会計。
カキフライ1,680円、ライス315円、グラスワイン800円、計2,795円!!
覚悟はしていましたが、やっぱりちょっとね。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在130食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:58 | コメント (3) | トラックバック(1)

2005年11月10日

六本木「66DINING六本木六丁目食堂」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


六本木のアカデミーヒルズへ行くついでに、六ヒルで優雅にランチと思っていたら、時間に追われて、クイックランチ・・・。六本木駅からエスカレーターを上らず、下ってB2の「66DINING六本木六丁目食堂」へ。

昭和レトロな下町洋食屋ということだが、アイリッシュPUBといっても通じるかもしれない。12時半だったがすんなり着席。
洋食屋さん風(?)ウェイターさんへオーダーしたのは、カキフライランチ1,100円。
スープは付かないが、ドリンクが付いて、喫煙も可能。のんびり出来ます。
5分程待って出てきたカキフライは5個。タルタルソースはカキフライの下にたっぷりと。
おおぶりのカキで洋食屋さんっぽく見た目は美しいです。味も合格。だが、気になったのはキャベツの千切り。カキフライの向こう側に山盛りとなって、ドレッシングがちょこっとかかり、トマトがそえてあるのは、普通なんですが・・・キャベツの千切りが薄い!!これまで食べた中で最も薄いと感じました。(大雑把な千切りだな〜と思うことは多いけど・・・)
でも、なんだか美味しくない。キャベツらしくない。シャキシャキとした歯ごたえがないと物足りないんです。しかし、どんなモノで切っているんだろう。

コーヒーを急いで飲んで出ようとしたら、お店の外には待っている人が数人。もう1時なんだけど・・・さすが六本木、新橋とは時間の感覚が違いますね。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在125食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:40 | コメント (0) | トラックバック(2)

2005年11月08日

カキフライ&カレーがけ@豊ちゃん 1470円

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


「築地王のまるうまグルメ帳」では、本編の他に、この日記の抜粋も載せている。

どの店のどのメニューを載せるかは、編集部の人に任せて自分は関与してなかったので、気がつかなかったのだが、改めて見てみると、結構カレーが多く掲載されている。

その中の”「豊ちゃん」の“ドライカレー”に触発され、今日は“カキフライ”と“カレーがけ”を食べてみる。

tsukijiou-2005-11-08-1.jpg

tsukijiou-2005-11-08-2.jpg

“カキフライ”は厚手の衣で、シッカリと揚げてあり、食感サクサク。
カキ自体の味は決して濃いわけではなく、カキ料理というより、フライという料理を楽しむ一品。

“カレー”の方は、豚肉がフンダンに使われていることもあり、肉から出た旨味満天。
凄く贅沢に作ったおうちカレーの風情で、個人的にはもう少しスパイスが効いている方が好みだが、これはこれでありかな!?

ちなみに“ドライカレー”は、夏季限定です。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在124食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:52 | コメント (2) | トラックバック(0)

2005年11月04日

三州屋でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


三州屋まで行ってカキフライ(1100円)を喰った。
やはり(゚Д゚)ウマー。

kasumichou-2005-11-04.jpg

カウンターに並んだOLさんもカキフライ。
あとから来たおっさんもカキフライ。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在121食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 13:36 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年11月02日

精養軒(銀座松屋店)でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


松屋デパートでやっている北海道フェアのたらばがにサンドの写真が
えらく、うまそーだったので出かけてみたらナント1時間半待ち。

がっくりと肩を落としてトボトボとレストラン街を歩くとカキフライの
文字ハケーン。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
上野の精養軒の松屋店で三陸産のカキフライをいただきました。
ポタージュスープとコーヒーor紅茶付で2310円なり。

ホタテステーキ弁当の1260円を躊躇した割にはデカイ出費を
してしまった。。。

カキの粒は大きめですが、価格を考えるとサプライズではありません。
大きいので噛み付いたらジュースがドバーっと出るのを期待していた
のですがソーでもありません。
美味しいっちゃ、美味しいんですが、値段を考えると。。。。

kasumichou-2005-11-02-1.jpg

kasumichou-2005-11-02-2.jpg

しばらく弁当生活だったからタマにはいいかなっと。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在119食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 13:24 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年10月28日

あいなめフライ&半カキフライ@たけだ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


Amazonで「築地王のまるうまグルメ帳」の予約が開始され、
今日で3日目。ちょくちょく、売上げランキングをチェックしていると、、、

Amazon1.gif

     おっ!

Amazon2.gif

とりあえず、もっかのところコレが最高位。

今は、一日に新刊本が200冊でている状況なので、
まずは3桁にランクされれば上出来だって言われているらしく、、、
更に、ターゲットが限定されるテーマだし、、、スタートしてはまずまずかな(微笑)。

※ちなみにランキングは一時間ごとに変わります。今のランキングは→こちら!


「築地王」本の行く末も気になるとコトではあるが、
一方で、カキタベのニューエントリー増加にも貢献せねばならぬ。

といふことで、今日はカキのなんかにしようと思った次第。
真っ先に頭に上ったのは、未食の「豊ちゃん」の“生がきのアタマ”。
一応、店頭までは行ったのだが、、、、

実は(口篭)、、、実は(尚口篭)、、、
生がきはあんまり得意ではないので(苦笑)、
このメニューは他のメンバーに委ねたいと思ふ。 (任せた!>カキタベメンバー)

で、代わりに向かったのが、明日放送の「ベリーベリーサタデー」で
森三中を案内した「たけだ」。

夏からメニューに上がっている“アイナメ”をご主人自ら強烈プッシュされていたので、
カキ半分をつけて食う。

tsukijiou-2005-10-28.jpg

“アイナメ”は、とってもとっても上品な白身魚のフライって感じ。
で、カキフライは大分カキが大きくなってきたようで、味も濃い目。

ここは、割とシッカリ火を通す方なので、どっかの誰かみたいに生が苦手な人にはいいかもね(笑)!?

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在116食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:14 | コメント (0) | トラックバック(0)

フリッツでカキフライ♪

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


久々に(゚Д゚)ウマーなカキフライを喰った♪ とーても満足。
赤坂見附で打合せがあったので、早めに会社を抜け出しプレデンシャルタワー
内のフリッツさんでカキフライ(1580円くらいだったと思う)を食べた。

軽くサクサクとした衣が美味い。ソースと衣で飯が喰えるぐらい(゚Д゚)ウマー
もちろん牡蠣も(゚Д゚)ウマー。
非常に大ぶりで、ジューシー。2個あげ?と思えるくらいデカイ。

kasumichou-2005-10-28.jpg

各部位がしっかりしていて「お、貝柱」とかわかるんですよ。
なに喰ってんだか解らないような低価格のカキフライとは完全に一線を画してますね。

口の中が火傷してベロンと皮が剥けてしまうのを我慢してガブリと行こう!
他の揚げ物も美味いらしいので、赤坂見附で会議をしてもらいたいものだ。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在115食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 13:55 | コメント (4) | トラックバック(0)

2005年10月25日

新橋・安芸路 酔心 カキフライ定食(1,050円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


2005-10-25-1.JPG

2005-10-25-2.JPG

 この記事に触発されて酔心へ。

 ここのカキフライは、7〜7.5センチの広島産のカキを使ったものが5個。一番特徴的なのは衣にゴマがまぶされていること。これによりパン粉の香ばしさと別の香ばしさが加わっている。中身もなかなかみずみずしく、特にカキ本体の周辺にある貝ひも的な部分と、貝柱の食感が印象的。この部分が際立っているお店というのは少ないのだが、ここのはワタ部分よりもこれが前に出ている。

 ところが、ここのソースはマヨネーズが少し入っていると思われるソースだが、やや濃い目の味。また、醤油もしかり。なので、何もつけずに食べるか、すだちをかけて食べるか、意外ながらも千切りキャベツ用のドレッシングをかけて食べるのがオススメ。

 特に3つ目については、一見リスキーな食べ方に見えるが、ドレッシングがトマトメインなこともあり、イメージとしてはRF1のサラダに揚げ物を加えたような具合。ゴマの香ばしさとドレッシングの酸味が、カキフライをサラダ的なものにしてくれる。

 また、副菜のナスの煮浸しが、ものすごく小さなにぼしの味が前面に出ており、ご飯が進む味付けとなっているので、カキフライをサラダ的に食べた際には、これがご飯の友となる。

 ただ、赤だしの味にダシがほとんど利いてなかった点と、店内で5分待たされて、更に注文してから15分近く待つことは難点か。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在114食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:29 | コメント (2) | トラックバック(0)

2005年10月21日

JR神田駅のガード下でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


JR神田駅のガード下のお店「大越」さんの看板を見たら
カキフライ定食550円の文字を発見。

経験上、カキフライは高いほうが美味いんですが、何度も
入って、安くて、まぁまぁのお店だったので食べてみました。

kasumichou-2005-10-21.jpg

パン粉が殆どついておらず、見た目、小さいアメリカンドック。
味は、ちょいニガで。。。不味くはないが、うまくもない。
550円という値段を考えるとこんなものか??

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在112食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:20 | コメント (0) | トラックバック(1)

2005年10月17日

カキフライ with タルタルソース@とんき(「き」は七三つ) 1200円

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


今週は鼻からビジィー!
さらに雨降りということで、久々、「とんき」でカキフライ。

tsukijiou-2005-10-17-1.jpg

この店のカキフライってこんなにクリスピーだったけ?
と一瞬、頭に?が浮かぶ位、外の衣はカリッカリ!

その分、中のカキにもシッカリと火が入っていて、ややジューシー感に欠ける。
自分は、カキの場合、レアめよりはウェルダン気味の方が好みなので、問題なしだが、


じゅんわ〜主義の人には、やや物足りないかも!?


なんか、このクリスピーな“カキフライ”食べたら、無性にメンチ

食べたくなったりして(笑)。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在109食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gif
をクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:10 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年10月14日

銀座・三州屋 カキフライ定食(1,100円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


2005-10-14-1.JPG

2005-10-14-2.JPG

 思えば、この「カキタベ!」誕生のきっかけとなったのは、このお店のこのカキフライ。店内の奥のテーブルにたどり着くまでにも、多くの方がこのカキフライを食べていた。

 やけに熱いお茶が運ばれてきてから注文して数分待つと、8.5センチクラスのカキフライが5個、千切りキャベツ、フルーツとポテトのサラダ、なめこと豆腐の味噌汁、漬物、そしてごはんが運ばれてくる。

 ここまで大きいと、カキの部位ごとの味が力強く前面に出てきており、それを香ばしい衣が上手く引き出している。

 いつ食べても、ここのカキフライより旨いカキフライというのは数少ないと感じ、それを感じつつまだ未ぬ他のお店のカキフライやカキ料理を食べたいと思ってしまう。

 さて、実はここには「カキ豆腐」がメニューにあり、この日の本当の目的もそれだったのだが、店員さんに聞いたところ「夜のメニュー」とのこと。焼きカキもあるので、夜に訪れて一度ずらっと眼の前に並べてみたいものである。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在108食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:55 | コメント (6) | トラックバック(2)

2005年10月13日

日本橋「かつ平」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


家人からのリクエストで「うさぎや」のどら焼を買いにランチタイムに日本橋へ。
どこで食べようかと散々迷って歩き回って「かつ平」へ。日本橋はとんかつ屋がなんでこんなに多いのだろうか・・・。
三名程並んでいたが、すぐに入ることが出来た。カウンターとテーブル席三つという組み合わせで、2Fは無し。新橋「燕楽」のような狭さは無く、こじんまりといい感じです。
年配の親父さんがカウンターから笑顔で『いらっしゃいませ』と声かけがあり、店内の雰囲気は穏やか。満席なのにランチタイムの忙しなさがそれ程感じられません。
表に出ていた、『カキフライ定食 900円』を注文。暫くすると、カウンターの向こうでカキフライはもう終りね、と売り切れに。(ギリギリセーフ)

出てきたカキフライは、パン粉が大きめなのですが軽くてサクッといい感触。タルタルソースがついてこないで、からしがたっぷりと。テーブルには甘口と辛口と書かれたソースがあり、試した結果、甘口+からしが一番美味しかったです。からしがあまり辛くなく、マスタード(洋からし)のようで、からしだけでも結構いけました。

ごはんは◎、赤だしは△、お漬物も△でしたが、帰る時に親父さんが『お待たせして申し訳ありませんでしたね〜』と笑顔で声かけ。とても自然で、スッと心に響きます。『また来ま〜す。』と心の中で返事をしていました。
親父さんの声かけで感動したのは、築地市場内「大和寿司」の親父さん以来です。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在107食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:50 | コメント (2) | トラックバック(0)

2005年10月08日

カキ・車海老フライ定食@八千代 1400円

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


一日の解禁を受けて、リニューアルオープンした「カキタベ!」。
皆様、なかなか精力的なオイスター活動を展開中のご様子(微笑)!

「したらば私めも...」と言うことで、今週2度目のカキ料理!
2日前に“カキバター”でスタートした、今シーズンのオイスターライフだが、
本命カキフライは、場内・フライモノの雄「八千代」でスタート。

オーダーは“カキ・車海老フライ定食”1,400円!

tsukijiou-2005-10-07-1.jpg

tsukijiou-2005-10-07-2.jpg

お馴染み荒め衣に、生からズ、固からずの揚げ具合で、
中はジュンワリ、ジュぅスィー!(右手親指上)

“海老フライ”も、相変わらず味濃厚!

やっぱ「八千代」のフライは美味いでんなぁ・・・(深頷)

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在106食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:44 | コメント (2) | トラックバック(3)

2005年10月05日

おばんざい兎兎やでカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


雨降りなので会社の近くをウロウロ。
あれ?このお店ランチやってたっけ?気がつかなかったなぁ〜と
入ったのは「兎兎や(ととや)」さん。歌舞伎座の裏、木挽町通りにあります。

外観はチョット敷居が高そうな感じですが、入ってみたらカウンターがあって
通信カラオケがあって、モロ庶民的。
BGMはそのまんまカラオケで思わず「部長!入りました!」とマイクを
差し出したくなります。

ほどなくカキフライ登場。おばんざいのお店だけあって小鉢が充実♪
料理のウマイ人ん家でご飯をいただいているようなソンナ感じが味わえます。
そしてタルタルソースがタマゴサンドの具みたいな感じでツボにはまりました。

kasumichou-2005-10-05.jpg

最後にデザートもついてきて、これで900円はヒットですね。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在105食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 22:35 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年10月04日

虎ノ門「ケルン」でカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 昨年開始したブログ『カキフライが食べたい!』がバージョンアップし、『カキタベ!』になったので、早速カキを求めて行ってまいりました。先日、勝手にナポリタン対決で惜しくも負けた虎ノ門「ケルン」です。

 入り口の黒板に『カキフライ始めました。スープ付き1,050円』と書いてありました。よっしゃ〜ということで、2・3分程並び、オーダーは並んでいるうちに、カキフライに大盛りライス(!)と言ってしまいました。

 席について待つこと5・6分、小ぶりのカキフライが5つ綺麗に並んで出てきました。付け合せは、コールスローとケチャップスパゲッティ(具なしナポリタン?)。タルタルソースはカキフライの脇。

 シーズン初のカキフライは、サクサクと軽い衣で、ウマ〜〜イ!これはパクパクいけちゃいます。付け合せも美味。

 が、しかし、コールスローの水分がカキフライに浸透してサクサク感が・・・。これを挽回すべく、テーブルソースとしておいてある、ペンギン印のユニオンソースをかけると、酸味が効いて美味い!

 ライス大盛りはちょっと失敗でしたが、満足して会計をすませた後に気がつきました。スープが出てきてない!!ん〜、1,300円強は高い。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在104食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 22:48 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年10月03日

築地・八千代 カキフライ定食(1,200円)

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


 10月に入り、いよいよ牡蠣のシーズンが到来。ということで、場内もこんな具合に

05-10-03-1.JPG

 「カキフライ始めました」の貼り紙が多数。で、この貼り紙が貼られていたのが八千代。店内の多くの方がエビフライ定食を食べていたが、やはりカキフライ定食を注文。

05-10-03-2.JPG 05-10-03-3.JPG

 カキは三陸産のもので、約7.5センチのフライが5個乗っている。お店の方曰く、「まだ広島産は水が冷たくないので先になる」とのこと。

 さっそく一つ食べると、カキの濃厚な味とほろ苦いコクが、この店の玉子の甘みを前面に出したタルタルソースとの相性によって、いい具合に引き出されている。カキほど色々な部位による色々な味を楽しめる貝もないんだろうとは思うが、こういう形で食べると改めてそう思う。

 ちなみにこの店では、カキフライ定食以外にも、

05-10-03-4.JPG

 こんな具合に、自分だけのカキフライ+α定食を楽しむこともできる。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 現在102食目を迎えたカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 23:11 | コメント (0) | トラックバック(0)

欧風料理ムッシュでカキフライ

カキタベニストの活動をご覧頂きありがとうございます。

さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


カキフライはじめました キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

もぅソンナ季節なんですネー

新大橋通りを歩いていたら「カキフライはじめました」の貼り紙にひかれ
ふらふらと欧風料理ムッシュさんに入ってみました。

カキフライとシチューだかハンバーグのセットもあったのですが、カキフライ
とご飯とスープのセット(1200円)にしました。

ワクワクしながら今シーズン初のカキフライを待っているとチョイ濃い目に
揚がったカキフライが登場。マヨネーズ味の強いタルタルソースも付。

kasumichou-2005-10-03.JPG

このプリュッっとした食感が溜まりませんです( ´∀`)
クリームコーンスープもいいお味♪

kasumichou-2005-10-03-2.jpg

向かいの席の人が食べていたステーキも気になるところです。

---------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 今シーズンから「カキタベ!」と改めて、これまでの合計が101食目となったカキタベニストの活動をいいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

記事の編集 takapu : 14:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年03月08日

八千代

高校生の頃から愛読しているビッグコミック・スピリッツに、当時から今に至るまで20年以上連載が続いている漫画が二つある。
一つはお馴染み「美味しんぼ」。そして、もう一つが「気まぐれコンセプト」である。

「美味しんぼ」が、単行本売り上げ1億冊を達成しているとは対称的に、
「気まぐれコンセプト」の方は、大昔に一冊単行本が刊行されただけ。

この漫画、時事ネタを題材にとるため、直ぐに時代遅れになるということで、その後の単行本化が見送られてきたのだと思うのだが、これだけ長く続いたとなると、昭和の後期から今に至るまでの世相を顧みるのに恰好の材料となる。

見開き2ページの連載なので、1年分を1冊とすると全20数冊。
セットで販売してくれたら、自分は絶対買うのだが、同調する人はいないだろうか?

さて、この 「気まぐれコンセプト」を書いているホイチョイプロダクションズは、現在
東京コンセルジュというサイトで流行りものの薀蓄を面白可笑しく展開している。
もちろん、こちらも愛読させていただいているのだが、
その中の「新東京歳時記」に
「また、国産生ガキが一番おいしくなるのは実は3月。」なる気になる記述を発見した。

そういえばカキフライブログも放置したままだし・・・
ということで今日のお昼は場内「八千代」へ。

そういえば海老フリャーも食いたいとこだったので、
オーダーは“牡蠣&海老フライ”のセット。

tsukijiou-2005-03-08-1.jpg

ご飯に、カレーもかけてもらったゾ。(ちなみにプラス100円。)

tsukijiou-2005-03-08-2.jpg

まずはエビフライ。
手をベッタベタにしながら、頭の殻を外して、味噌の部分に齧りつく...美味い。
濃厚な味わいを堪能したら、次は足。
(コンガリと揚がっているので、頭の殻以外は、尻尾まで全て食べられる。)
生パン粉を使った荒めで固い衣の中は、これまた濃いぃ味わいのプリップリの身。
卵をフンダンに使ったタルタルもさることながら、ソースとの相性も、これまたバッチシ。(指丸)

牡蠣は火を通しすぎることなく、レアめの絶妙な仕上がり。
素材自体がいいのか、季節のせいなのか、牡蠣自体も海老同様味が濃い。
今シーズンは例年になく“牡蠣フライ”を口にしたが、今日のこれは間違いなくトップクラス。

いやぁ、ここのところしばらく「八千代」に関しては“焼豚”バッカシ推していたが、、、
こりゃ〜海鮮フライもプッシュプッシュだな!(大頷)

記事の編集 takapu : 13:58 | コメント (0) | トラックバック(0)

キャンドル

今日は暖かかったので8丁目まで足を延ばしキャンドルでカキフライ(800円)
を食べてきました。
いつの間にか店内が改装されていたんですね。前の飲み屋さんみたいな雰囲気を一新。
明るくキレイになっておりました。
前回はオヤジの溜まり場っぽかったのですが、今回はOLさんもいてチョット華やいだ雰囲気です。

kasumichou-2005-03-08.jpg

カキフライは期待が大きすぎたのか、まぁ、それほどでもぉ〜という感じ。
カキの個体は大きくプリっとしていて半生系は好みの味なのですが、衣が優しすぎに
感じましたね。
コロッケには相性抜群なんでしょうが、カキフライはチョイワイルドに御願いしたいっす。
次回は人気のハンバーグか、再度、チキンバスケットか??

<キャンドル>
 住所:中央区銀座7-3-6 有賀写真館ビルB1
 電話:03-3524-1058
 営業時間:月〜金11:30〜23:00
      土日祝12:00〜22:00
 定休日:無休

記事の編集 takapu : 13:55 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年02月17日

吾平

珍しく同僚とランチ。とんかつが食べたいとの事だったので未だ食べたことない
吾平でカキフライ(1000円)
築地王は確か中の上と判定を下していたなぁ〜と思いながらガブっと喰いつくと。。。

うわっちちち。。。

衣から飛び出たカキ本体の肝の部分が唇を直撃!
やけどして、現在、水ぶくれ中。

まぁ旨いんですが、衣とカキの一体感に欠けますナ。

記事の編集 takapu : 13:53 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年02月07日

レストラン大山

 昨日、二子玉川の高島屋の中にあるウォーターグリル系のお店「ガンボ&オイスターバー」で
生ガキをオーダーしたのですが、子供に食べられてしまって消化不良。
「ノロウィルスのこともあるから子供は食べない方がイイよ」と言ったら、
「お店に大丈夫って貼ってあるヨォ」と切り返す娘。
妻に似てナカナカ手ごわいっす。

本日はリベンジの意味も込めましてレストラン大山さんでカキフライ(1300円)
とライス(210円)を食べました。

kasumichou-2005-02-07.jpg

ふわっと優しく且つサックサクに揚がっていまして、なかなか(゚Д゚)ウマー
コロッケとか食べたらモット旨いかなぁ?と期待させられました。
あと面白いと感じたのがタルタルソースやサラダが酸っぱ目だったこと。

酸っぱいドレッシングがカキフライに接触してしまうのがチョイと残念でしたね。

大半の人がオムライス(←大きめ)をオーダーしてたのと後ろのお兄さんが
頼んだ海老ピラフが旨そうでした。
ただし、お店はボロイです。

<レストラン大山>
 住所:中央区銀座8−19−1
 電話:03-3541-8884
 営業時間:11:30〜15:00、17:00〜20:30
※第2・4土11:30〜15:00
 定休日:日、祝、第1・3土休

記事の編集 takapu : 13:51 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月28日

レストランあづま

 前に訪問したらカキフライやってなくて、失礼とは思いながら食べずに出てきてしまった店、レストランあづまサンでカキフライが登場しているという情報(←古い)を得たので、食べに行って見ました。スープもついて950円。

kasumichou-2005-01-28.jpg

 しかぁーし、揚げすぎというか衣がバリバリ、カキも好みでなく。。。
隣の人が食べているオムライスとか他の揚げ物の方がうまそうでした。

 築地王曰くの「カキフライ資本主義」〜 高い方が(゚Д゚)ウマー 〜を実感した日でございます。

 結構、混んでいたので他のメニューはうまいんでないかい?

<レストランあづま>
 住所:中央区銀座6-7-6
 電話:03-3571-0392
 営業時間:平日11:00〜22:30
      日祭日11:00〜22:00
 定休日:年中無休

記事の編集 takapu : 13:51 | コメント (0) | トラックバック(0)

New World Service

 昨夜、カキフライブログの打合せがあり、気持ちを新たに行ってまいりました。(編集注:打合せの内容は下の「レバンテ・三州屋」をご参照下さい)

 場所は、日比谷三信ビル1Fの「New World Service」というCafe。ここは戦後進駐軍占領下にOpenし、日本製ハンバーガーの元祖のお店。三信ビル自体でもグッとくる建物ですが、この店も負けず劣らずレトロさ満点。ゆったりとスペースをとったテーブル配置で落ち着き度も完璧。

 10月〜3月の期間限定カキフライは950円でドリンク付き。お水と熱いおしぼりが出てきて○。次にカップスープ!基本に忠実です。メインのカキフライは「レバンテ」のような風合い。カリッとジュワッと小ぶりで美味〜が5個。グリンピースがいっぱい入ったポテトサラダとグリーンサラダ、トマトが沿えてあります。
ライスはやや小さめのお皿なので、大盛りがお勧めかもしれません。

 食後のアイスコーヒーはたっぷり大きめなグラス。ランチを目一杯ゆったり過ごせます。
他のメニューも魅力的なものがいろいろと。元祖のハンバーガーは言うに及ばず、ロールキャベツ・ポークジンジャー、食後のデザートにはストロベリーアイスなんてのもあり、再訪必至。

 X'masにはジャズのライブもやるという渋〜いお店です。三信ビルは、「ラ・プロムナード」や「ヌーベルヴァーグ」もオシャレでいいですが、是非一度ここへもどうぞ。

 但し、どこでも喫煙可ですので、ご了承下さい。

記事の編集 takapu : 13:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月27日

レバンテ・三州屋

 覚王さん、takapu氏、そして築地王と、めっきり放置プレイのカキフライブログの打合せ=飲み会。
覚王さんとは初対面。想像以上にダンディでビックリしました♪

 さてさて、打合せ場所は、「レバンテ」と「三州屋」の2店。

 先ずはレバンテでカキフライ・ローストビーフ・カキピラフetcでビールぐびぐび。
昼より夜のカキフライの方が絶対(゚Д゚)ウマー。

kasumichou-2005-01-27-1.jpg kasumichou-2005-01-27-2.jpg

 トドメに三州屋でカキフライ・アジフライetcで日本酒ぐびぐび。

kasumichou-2005-01-27-3.jpg

 他の執筆陣のカキフライ評価はレバンテに軍配が上がったのですが、生っぽいカキフライが
好きな私は、三州屋の方が好きです。

記事の編集 takapu : 23:46 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月26日

煉瓦亭総本店

 ここのところ体調が悪かったり、太りすぎてスーツが入らなくなったりしてカキフライは控えておったのですが、木曜日の晩、カキフライを食べる約束がありまして、その事を考えていたら、我慢ができなくてカキフライ。ノロウィルスなんて加熱すれば平気??←サルの浅知恵デスカネ。

 向かった先は、マイベストなカキフライのお店 煉瓦亭総本店。

 ここはライスが別オーダーなので、ライスとして元祖オムライス(1250円)をオーダー。カキフライ(1400円)とあわせて、超豪華なランチと相成りました。

kasumichou-2005-01-26-1.jpg kasumichou-2005-01-26-2.jpg

 カキフライは相変わらず絶妙なお味。おつゆダクダク。マジ(゚Д゚)ウマー。

 オムライスも普通のオムライスと違うんですね。タマゴでライスをくるんでいるのではなくライスと一緒に半熟状態のタマゴが溶け込んでいて、これまた(゚Д゚)ウマー。

 単品で頼むと男性諸氏には量が少なめなので、オムライスはライスの代わりとしてオーダーすべし♪

<煉瓦亭総本店>
 住所:中央区銀座3−5−16
 電話:03-3561-7258
 営業時間:11:15〜(L.O.14:15)、16:40〜(L.O.20:30)、
      土祝11:15〜(L.O.14:15)、16:40〜(L.O.20:00)
 定休日:日

記事の編集 takapu : 13:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月15日

八千代

 雨だから空いているだとうと9時過ぎに場内へ。うっ、「高はし」3人待ち、寿司行列御三家はしっかりと。「天房」「磯野家」「仲家」は列無し。迷ったあげく、今年のカキフライ食べ初めとして「八千代」へ。

 純粋にカキフライだけを頼もうとしたのですが、口が勝手にコロッケと言っておりました。ここのコロッケ好きなんです。。。

 大きめのパン粉でしっかりと揚がったカキフライは口の中が危険です。ちょっと内蔵系が弱っている時には食べられません。

 それだけに美味しいと感じられる時は、体の調子もいいということなので、とても満足感が得られます。(調子に乗ると胸焼けしてしまうんですけどね。)

 とりあえず、今年のカキフライ手堅く1食目でした。

記事の編集 takapu : 13:16 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月13日

とんかつうえはら

05-01-13.JPG

 アメリカ大使館やラジオNIKKEI近くの、三会堂ビル内地下飲食街にある、外観がリアルに昭和で素朴な店。

 大ぶりのカキフライ5個にアジフライがついてくる。カキも旨いが、それ以上にアジフライの肉厚さが素敵。

 ごはんや味噌汁もおかわり自由のようだが、キャベツが大量なので胃の許容範囲を上回ってしまう。

記事の編集 takapu : 13:37 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年01月12日

小田保

今日は「魚河岸名物 魔の水曜日」なのだそうだ...
年明けは年末の喧騒が嘘のように、市場が閑散となるのはにも書いたし、
他でも散々ふれまわっている通り。

そこに持ってきて、水曜日。
水曜日は休市日に当たる日もあり、カレンダーをチェックしないで出かけると無駄足を踏まされる可能性があるので、警戒してもともと人出が少ないのだ。

つまり「魚河岸名物 魔の水曜日」とは、年明けア〜ンド水曜日の
Wパンチの閑散日なのである。


という訳で、どれだけ空いているのか(笑)、様子を見がてら場内へ。

確かに・・・
場外は人が少ない気がする・・・

で、場内だが、、、相変わらず、2大行列寿司店の前には長蛇の列。
「仲家」や「天房」の前にも長い列が出来ていて、、、なんか、いつもと変わんなくない?


で、自分が向かったのは常連で一杯の「小田保」。
ヤンキースの松井選手が、昨年帰国した際に立ち寄ったことで、一躍有名になった店だ。
オーダーは、“牡蠣バターとカキフライの盛合わせ”。

tsukijiou-2005-01-12.jpg

ブリブリで大きな牡蠣が使われており、と〜っても野趣溢れている。
フライはシッカリとした揚げ上がりで、ウスターソースとの相性がいい。
ちょっくら胸焼け系なのは、河岸の男達の御用達だから仕方なし!

河岸で揚げ物食べるときは、体調とも相談しないとね...

記事の編集 takapu : 13:32 | コメント (2) | トラックバック(0)

2004年12月28日

銀座煉瓦亭本店

 いよいよランチの食べ納め。やっぱり今年はカキフライ。それもNo1の。ということで「煉瓦亭」に行ってまいりました。

 霞町さんtakapuさんの記事を見て頂ければお分かりになります。その通り!!
美味しさでは、私の中でも1番かもしれません。元祖カキフライの味ですね。松島産のカキを使っているそうです。

 ポテトサラダも美味しいし、きっちりときれいにお皿に盛られたライスも見た目は少ないですが、食べ終わると丁度でした。

 で、あえて苦言を呈すならば、地下一階のウェイターとカウンターのおじさまコンビ。津波の話題で盛り上がるのは止めて頂き度く。

記事の編集 takapu : 14:07 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月21日

はと屋

04-12-21-1.JPG 04-12-21-2.JPG

 以前、覚王氏が紹介した店へ。

 フライは普通サイズと小さいサイズが計6個。タルタルソースが「ごはんと食べるための味」になっているのが素敵。また、このタルタルを副菜として付いてくるゆで卵につけて食べると旨い。

記事の編集 takapu : 13:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月20日

かとう

築地王の本「築地で食べる」にも紹介されている「かとう」さんに金曜日に
引き続きお邪魔致しました。頼んだものは、やっぱりカキフライ(1250円)

金曜日に食べたカキ豆腐のカキが、あまりに立派だったので、11時くらいから
ソワソワ。。。
「カキフライひとつぅ」と厨房にオーダーを告げる声は、いつ聞いても
(って2回目ですが)ドラえもんにソックリ。
「ドコでもドアァァ」と喋って貰いたい誘惑が♪

kasumichou-2004-12-20.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! カキフライ。
1個揚げながら、この個体の大きさッタラ凄すぎます!
弾力系ぷりっぷりなカキフライを食べたい方は、迷わず行けよって感じ。
スダチ&醤油で食べると幸せデース。
ちょっと衣がオイリーでもたれるかもしれませんが、うまいですよ♪

<かとう>
 住所:築地市場内8号棟
 電話:03-3547-6703
 営業時間:4:30 〜 13:30

記事の編集 takapu : 14:28 | コメント (0) | トラックバック(4)

2004年12月16日

銀座煉瓦亭本店

04-12-16-1.JPG 04-12-16-2.JPG

 とにかく、牡蠣が大きくてグラマラス。当然、肉汁(カキ汁)もたっぷり。付け合せのポテサラも旨い。年内に食べれてよかった。
 
 ただ、あえて苦言を呈するならば、地下1Fで食べたのだが、店員がくっちゃべっていたこと。

記事の編集 takapu : 13:42 | コメント (0) | トラックバック(2)

2004年12月14日

平五郎

 ここのところカキフライを食べていないので、「平五郎」の日替わりカキフライを食べてきました。
takapuさんの日記に写真がありますのでトラックバックさせて頂きます。

 12時5分位に着いて、7人待ちでした。注文の7割はカキフライ。
出てきたお皿を見ると、あれッ?写真より小さい一口サイズです。

 しかし、味は美味い!しっかりカキの味が凝縮されていて好きです。火傷するほどではありませんでしたが、合格です。

 でもtakapuさんがご指摘されてましたが、ここの味噌汁(カップに入って出てくる)はあまりいただけませんね。コンソメ求む!って感じですね。

記事の編集 takapu : 13:52 | コメント (0) | トラックバック(0)

レストラン早川

 銀座4丁目の交差点で築地王とバッタリ。「どうしたんだよ、カキフライ?」って聞くじゃなぁ〜い。

 え? 毎日とは言いませんが、食べてるんですけどカキフライ。。。

 さて、今日は昭和通り、ナイルレストランの隣の「レストラン早川」さんで
カキフライ(900円)を食べました♪

 タイガー食堂と通じる天然レトロな外観に入店を躊躇していたのですが、汐風さんの
レポ
を読んで入ってみることにしたのです。
1個揚げモッチリとした衣のカキフライが5ヶ。和食屋さんテイストが強い洋食系って感じかなぁ??

kasumichou-2004-12-14.jpg

 お味はフツーって事で。

 1000円以下のメニューが充実しててチキンライスややきめしが
600円で食べられます。今度は、チキンライスか!?

記事の編集 takapu : 13:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月12日

みかわや(ニューメルサ店)

銀座にお出かけ♪である。

銀座って、意外に日曜休みの店が多く、ランチをどこで食べるのか決めるのにも結構難儀。

すったもんだがあり、ようやく決めたのが「みかわや」のニューメルサ店。
妻と二人で、“カキフライ”と“カニコロッケ”をシェアする。

“カキフライ”は、他に例を見ないほど細かいパン粉を使って薄くつけられているが、
見かけ以上にサクッとしたクリスピーな食感。
小粒なのだが、その分旨味がギュッと凝縮されているようで、カキ自体も味が濃い。
カキジュースもタップリだし、、、タルタルも卵タップリ、リッチな味わいだし・・・

う〜む、2,650円は確かに高いが、これはその価値は十分にあるかも!?


“カニコロッケ”の方も、カニの芳醇な味わいをクリームソースの濃厚さが包み込んでいて、
これまた、かなり美味い!


銀座の老舗、恐るべし・・・!?

記事の編集 takapu : 15:18 | コメント (0) | トラックバック(1)

2004年12月10日

串工房ZEN

 肉・肉と来たので今日は、カキフライ。
ホテル西洋銀座向かいにある串工房ZENにて三陸産カキフライ(1000円)を食べました。

 串揚げやさんだけあってコンガリブラウン系、衣も固め、ジュースを逃しません。
ちなみに私の好みは衣薄め。

kasumichou-2004-12-10.jpg

 5ヶのカキフライをタルタル、ソース、醤油で味わいましたが、あまりの衣の強力さに
醤油は弾かれてましたネ(/o\)

 夜のメニューのフォアグラの串揚げってーのが気になります。

記事の編集 takapu : 14:16 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月07日

三州屋

 「三州屋」は銀座二丁目店じゃなきゃダメだというタブーを破り、新橋店に行きました。

 12時半頃だというのに、駅前だというのにガラーンとした店内、4人掛け、6人掛けのテーブルに1人づつポツンポツンと。BGMは無く静かです。あまりにも予想通りです。

 で、800円のカキフライ定食を注文。薄〜いお茶をすすりながら待つこと数分。お盆のって出てまいりました。大粒の1個揚げカキフライが4個(キャベツ添え)、納豆、カブの漬物、大粒のアサリの赤だし、丼ごはん、ウスターソース注し。

 カキフライはしっかり揚がっちゃってました。端のほうはガリッと。。。タルタルソースはもちろん無く、かわりに辛子がたっぷりと。。。

 ん〜、やっぱりな〜と赤だしをすすると、結構美味い。カブの漬物も美味しい。納豆ご飯にかけてちょっと幸せ。全くいいとこなしかと思いきや、少しは挽回してくれました。

 けど、やっぱりオススメ出来ません。大人数でどこも入れなかった時か、もう昼から飲みたい時だけです。

 やっぱり「三州屋」は銀座二丁目に限ります。

記事の編集 takapu : 13:44 | コメント (4) | トラックバック(0)

2004年12月06日

矢場とん

ソースもあみゃーダギャァ。口に合わないと言いながら何度も行く店、
「矢場とん」でカキフライを喰って来たダギャ。

名古屋弁、合っていますか??

同じお皿に盛られた甘いソースにビックリ、そしてフライはチョト焦げっぽいです。

kasumichou-2004-12-06.jpg

ご飯のお替りに105円をとる名古屋商法にビックリしたなぁもぅ。
普通のソースもだしてくれます。念のため。

<矢場とん>
 住所:中央区銀座4-10-14
 電話:03-3546-8810
 営業時間:11:00〜22:00
      不定休

記事の編集 takapu : 14:00 | コメント (0) | トラックバック(0)

キッチンジロー

 どこでも、いつでも食べられるのでと思っていた「キッチンジロー」へ。

 学生とサラリーマンの健康の為にと、昭和39年に神田神保町にオープンしたのが始まりだそうです。現在36店舗。

 でカキフライですが、広島県安芸 津の浦産の生食用をチッソ凍結して使用しているようです。

 「キッチンジロー」ではどうしてもスタミナ焼を食べずにはいられないので、セットにしてしまいました。すると、カキフライは2個。

 中くらいの1個揚げ、パン粉は細かく、衣はとても薄いです。従って食感は、カリッとかサクッとかはありません。が、しかし、とってもジューシー!生カキを食べているような感じ。冷凍モノを使っているからこんなにジューシーなのかもしれません。

 けど、凄く美味しい。期待していなかった分、余計に美味しい。豚汁もご飯も、もちろんスタミナ焼も美味しい。学生時代の想い出も加味され、私にとっては手堅いお店です。

記事の編集 takapu : 13:01 | コメント (0) | トラックバック(1)

とんかつ水野

04-12-06.JPG

 住所上は赤坂であるが、日本財団とか自転車会館とかの近くなので溜池山王。

 大粒のカキフライ5個は三陸産のカキを使ったもの。いかにもとんかつ屋さんのカキフライという具合で、旨い。タルタルソースもたっぷり。唯一の難点は味噌汁の味が強すぎることか。

 ちなみに、タルタルソースがつかないと995円。店のホームページには使っている揚げ油情報等も掲載されている。

記事の編集 takapu : 12:59 | コメント (2) | トラックバック(1)

2004年12月05日

大宮

ベストセラー祈願(編集注・14日に発売の築地王氏の著作「築地で食べる 場外・場内・“裏”
築地」のことです)をしに浅草へ行く。

浅草まで来たからには、、、
ということで、洋食の有名店「大宮」でカキフライを食す。

tsukijiou-2004-12-05.jpg

ところが、、、衣にサクッと感が全くない!
よ〜く見ると、ところどころ焦げ色が・・・
どうやらディープフライ(大量の油に泳がす揚げ方)ではなく、
少ない油で焼き揚げるシャローフライされている様子。

牡蠣そのものは芳醇な、牡蠣らしい味が濃くてなかなか良いのだが、
このニチャっとする衣の違和感はどうにも慣れず、消化不良。

記事の編集 takapu : 14:51 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月03日

かとう

先日ご案内したとおり、
みんなでやっている日本初の牡蠣フライ専門ブログ「カキフライが食べたい!」
がNiftyのDaily Portalで紹介された。

当日はなんと、

4300アクセス!
(目丸)

ここは一つ、記念に自分もカキフライ!
と言うことで、カキフライ未食の場内「かとう」へ。
よ〜く、考えたらいっつも西京焼きか煮魚なので、この店で揚げ物を食べるのは初めてだ!

tsukijiou-2004-12-03.jpg

大粒のカキの一個揚げが6個。
衣は荒目のパン粉で、わりとシッカリ揚げてあるのでかんなり香ばしい。

シャクシャクサクッとした小気味より歯応えなのだが、
若干だが火が入りすぎているため、牡蠣汁はジュワッと飛び出る勢いはなく、
ジュ〜ンワリと滴る。

軽〜く塩味がついているので、ソースなしでも十分いける。
何もつけないで一口、その後、ソースを一垂らして、幾つか食べてみたが、
自分的にはチョイソースが好みかな!?

衣の香ばしさとソースの相性がなかなかよいですネ!

記事の編集 takapu : 14:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月02日

花日和

 今日も和食屋さんでカキフライ御膳(1000円) 銀の塔の向かいにある花日和さんでいただきました。

 衣薄めで、まずまずの大きさのカキを1個揚げ。これが5個に小鉢、煮物、お味噌汁というラインアップ。
ご飯もお替り自由ってのもウレシイです。

kasumichou-2004-12-02.jpg

 作り手さんが女性だからでしょうか?バランスの良いメニュー構成になっていて健康になった気分。夜も行ってみようかな?と予算を聞いてみたら料理で5000円〜7000円/人とのことでした。

<花日和>
 住所:中央区銀座4-14-15サントル銀座1F
 電話:03-3248-5433
 営業時間:11:30〜13:30 17:30〜23:30
      日祝休み 土曜は予約のみ?

記事の編集 takapu : 13:50 | コメント (5) | トラックバック(0)

不二家

 今日も行かねばカキフライ。。。

 ということで、隠れた(?)銀座の老舗洋食屋「不二家」数寄屋橋店です。(銀座店にはカキフライが無かったもので)

 ここは夜に何度かチャレンジしたことがあるのですが、並んでいるんですよね〜。ファミレスのような感じでした。で、平日ランチは比較的空いていますが・・・禁煙席はお子ちゃま連れ、喫煙席はOLさんの天下です。

 カキフライですが、とても美しく盛り付けられてます。キレイに揃った1個揚げが6個、トマト2切れに様々な野菜のサラダには花びらものっていました。

 自家製タルタルソースは、マスタードも混ざっているようでした。

 で、味は、○です。そつが無いといった感じ。見た目を裏切りません。が、しかし、ご飯が×。スープが付かないのも残念。

 価格は、950円也。

記事の編集 takapu : 13:30 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月01日

いしかわ五右衛門

 カキフライ2連敗中、ストッパーに選んだのがこのお店「いしかわ五右衛門」。松坂屋の隣のビル5Fのイカにもオヤジ好きのしそうな和食屋さん。

 大ぶりのカキフライが4つと麦が入ったご飯、小鉢、汁物そして焼酎に入れたらウマソーな梅干ひとつ。

kasumichou-2004-12-01.jpg

 身がしっかりしたカキフライ。ソースじゃなくて醤油で食べました。和食系のカキフライもいいネ。

<いしかわ五右衛門>
 住所:中央区銀座5-8-13ファイブスタービル5F
 電話:03-3574-1882
 営業時間:11:30〜14:00 17:00〜23:00
      日祝休み

記事の編集 takapu : 13:46 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月30日

錦山

 新橋4丁目のとんかつ屋「錦山」です。

 外観は全くパッとしません。通り過ぎてしまうような、地味なお店です。カウンター7席と座敷にテーブルが3つ。焼き鳥屋や居酒屋といっても不思議ではない内装です。

 カキフライ定食は、一口サイズの小さいものが7つで900円。これまでで一番小さいです。付け合せはキャベツとトマト。小鉢で冷奴がついてきます。

 アツアツ・サクサク感はありますが、何せ一口なので、どうも満足感に欠けました。マヨネーズもタルタルソースもウスターソースもないのも残念。

 しかし、ご年配の夫婦でやられており、丁寧な接客でとても和みました。特別に何かをして頂いたというわけではないのですが、また来てもいいかなと思ってしまいました。味だけでは無いところで常連さんを掴んでいるお店だと思います。

記事の編集 takapu : 13:58 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月29日

まい泉・青山本店

 「まい泉」青山本店でカキフライを。

 周囲におしゃれなお店が山ほどある中、オヤジ一人ではとても入れそうもないのでしかたなく行ってしまいました。(嘘です。カキフライを求めてわき目もふらず・・・)

 宮城県浜市産のたっぷりと大きなカキが五つ。これまで食べた中で、一番大きかったと思います。(新宿「中村屋」も浜市産のカキのようです。)

 パン粉は「まい泉」独特の柔らかサクサクで、アツアツ・ジューシーとはちょっと違いますが、カキの肉厚さとマッチして美味しかったです。

 茶碗蒸し・大根おろしが小鉢でついて、赤出しのなめこ汁で1,102円は納得です。会議弁当で食べ飽きていたのですが『ん〜、やるな〜、まい泉』とちょっと悔しかったです。

記事の編集 takapu : 13:56 | コメント (1) | トラックバック(0)

2004年11月28日

たいめいけん

 老舗洋食ではトップクラスの知名度です。50円のボルシチとコールスローが有名ですよね。

 で、カキフライライスは、大きめな1個揚げが5個で1,250円。ボルシチつけて1,300円。お皿にはコールスローと赤いスパゲッティが添えられます。この脇役達が美味しいんです。スパゲッティはお替りしたくなります。次回はナポリタンを食べようと思いました。

 肝心のカキフライは、当然のごとく美味しいです。が、しかし、タルタルソースがついてくるのではなく、自家製マヨネーズがついてきたところが、ちょっと残念。

 他のメニューで、ラーメンもシンプルで好きですし、カレーも豚肉の味付けが美味しいですよ。昔のデパートのお好み食堂のような雰囲気で、ざわざわしているんですが、なんとなく馴染んでしまうんですよね〜。

記事の編集 takapu : 17:51 | コメント (0) | トラックバック(2)

2004年11月26日

にし邑

 お昼、行かない!? 突然の上役からのお誘いに戸惑うが、すかさず、とんかつ屋で
カキフライ喰いましょう♪と切り返す私。

 本日のカキフライは「にし邑」で。(980円)
ウチの会社では評価が高いお店ですが、個人的には揚げ置きしてあることが気に入らない。
カキフライはどうか?ってーと、衣が脆い。 崩れるというのでしょうか? 私的に減点です。

kasumichou-2004-11-26.jpg

 タルタル、岩塩、とんかつソース、ウスターソースとタレには事欠かないお店ですが、
磯の香りが強い系のカキフライなんでタルタルよりウスターの方が合うと思います。
ちなみに、この店の豚汁は絶品。

<にし邑>
 住所:中央区銀座 3−12−6
 電話:03―5565−2941
 営業時間:11:00〜21:00
      土日祝休み

記事の編集 takapu : 14:15 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月25日

イータリー・フクヤ

 何故か昨晩、綱島でカキフライを喰った。

 珍しく7時すぎまで仕事をしていたら、恩師よりTELあり。綱島に集合とのこと。。。家をスルーして行きましたよ。綱島まで。

 でもって、ご飯を食べていなかったので、なんか食べようと思ったら、

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! カキフライ発見♪

kasumichou-2004-11-24-2.jpg

 食べてみたら思いのほか(゚Д゚)ウマー。私の好きな洋食系カキフライで衣薄めで半生ジューシー。

 付け合せは貧弱でしたが、ストライクゾーンなカキフライ950円。ライス別もしかしてイイ町かも綱島。地元じゃ有名??

 昼・晩ともカキフライな日でしたが全然オッケィです。

<イータリー・フクヤ>
 住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1-1-6
 電話:045-542-0298
 営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
      日曜日,(第1,3)休み

記事の編集 takapu : 22:21 | コメント (0) | トラックバック(0)

加津川

 内幸町の日石三菱ビルの地下にあるとんかつ「加津川」です。

 このビルの地下には、スパゲッティの「エビアン」やカレーの「カリカル」などの人気店も入っており、雨の日などはかなり混んでます。今日は晴れなので、ちょっと並んですぐに座れました。

 この「加津川」ですが、以前の日記にも書きましたが、机の配置と野菜(キャベツのみのコールスロー)にインパクトがあるお店です。

 カキフライは、大きめの1個揚げが5個、とんかつ屋系はしっかり揚がっているところが多いのですが、ここのはキレイなキツネ色に軽く揚がってました。サクッ・ジュワッとウマ〜です。

 気になる点は、パン粉がやや大きすぎるのと、タルタルソースが少ないのがちょっと・・・。

 でもここの売りは、野菜大盛り(+50円)。ザク切りのキャベツのコールスローなんですが、食べ終わると顎関節が痛くなる程山盛りです。ビックラーメンや二郎の野菜大盛りでは痛くならないのに・・・。

 漬物・味噌汁・ご飯がついて950円でした。他のカツとの組み合わせのセットもあります。

記事の編集 takapu : 13:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月24日

銀座の楸(ひさぎ)で4200円(?)のカキづくしコース。

銀座の楸(ひさぎ)で4200円(?)のカキづくしコース。
追加でカキフライもオーダーいたしました♪

カキの燻製画像が真っ黒けでボツりましたが、その他はコンナもん食べました♪

kasumichou-2004-11-23-1.jpg kasumichou-2004-11-23-2.jpg kasumichou-2004-11-23-3.jpg

kasumichou-2004-11-23-4.jpg kasumichou-2004-11-23-5.jpg

 三陸など3箇所の生ガキ食べ比べにニンマリ( ̄ー ̄)。土手鍋はチョット辛目で美味しかったですね。雑炊を食べ終わるころには満腹になりました。

 ただ、カキフライは好みではなかったです。聞くところによると大き目のカキでカキフライを作るのがポリシーに反するそうです。

記事の編集 takapu : 23:45 | コメント (0) | トラックバック(1)

吾平

 昨日も案内したように、

牡蠣フライ専門ブログ

 が正式オープンした。見ると参加者全員が、昨日は牡蠣フライを食っている。(笑)
 
 まぁ、初日なので、「一応自分も協力すっか!」
ってことで、某所で好評の「吾平」へ。

tsukijiou-2004-11-24.jpg

 一個揚げの大粒カキが5個。
 

カリっ、サクっ、ジュワっと、

なかなかいい感じの衣と火の入り具合だが、、、
欲をいえば、もう少しカキ自体の味が濃い方が好みかも・・・

 この辺りだと、中の上って感じかな!?

記事の編集 takapu : 21:47 | コメント (0) | トラックバック(0)

某店

 本日のランチもカキフライを求めて、フラフラしておりましたら、『本日の日替わり定食/エビフライ・カキフライ盛り合わせとお刺身』の看板を銀座7丁目で発見。

 所謂和風ダイニングバー系のお店で最近入れ替わったお店。以前のお店は「坊乃」の支店で、とても良い思い出があったので、入れ替わってからは近づかなかったのですが・・・。

 あえて店名は書きません。
 
 出てきたカキフライは1個分!なんと半分に切ったカキフライが二つ!!エビフライも二匹分位(尻尾がついているのが一つと、尻尾がないものが一つ?)

 上品なお皿の上にみずみずしいサニーレタスがあり、フライはその上に乗っかっています!!なんじゃこりゃ!?

 二つに切ることによりジューシーさが全く無い上に、レタスの水気でしんなり&冷えている!!アンビリーバボー(‘o’)

 お刺身は、上品に薄く切ったハマチが三切れ。ご飯とお味噌汁はお替りして下さいねって言われても、おかずがありませんから!

 値段は1,000円で一番安い価格。もう大失敗です。新橋「和楽」ならこの3倍は出てきますよ。

記事の編集 takapu : 14:43 | コメント (2) | トラックバック(0)

吟漁亭保志乃

 フラフラと歩いていたら「いい酒・うまい肴 吟漁亭保志乃」というお店に
「限定 三陸産 生カキフライ」という張り紙がしてあった。

 「限定」、「生」という魅力的なキーワードにつられフラフラと入店。(笑)
今日もカキフライ(1000円)を食べてきました♪

kasumichou-2004-11-24.jpg

 プリンっとしたカキがうまい。が、同系統だと三州屋に軍配が。。。
意味不明なマヨネーズと野菜にかかっているドレッシングが大杉。
でもフリカケをくれるのは嬉しいニャー (=`ェ´=)

<吟漁亭保志乃>
 住所:銀座7-5-12 藤平ビル1F
 電話:03-3572-0031
 営業時間:11:30〜13:30/17:00〜
      日、祝、休み

記事の編集 takapu : 14:30 | コメント (0) | トラックバック(0)

フリッツ

04-11-24.JPG

 広島産の大ぶりカキフライが4個と、なめこの味噌汁、ご飯、漬物。

 中は半生に近いような揚げ方なのですごくジューシィ。これは旨い。

記事の編集 takapu : 13:17 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月22日

レストランとらのもん

 「レストランとらのもん」虎ノ門1-12-12は、カレーとおばさまで有名なお店です。(アスクユーのレストランガイドをご参照下さい)

 古い雑居ビルの1Fですが、入るのにちょっと勇気がいるような感じ。しかし、入ってしまえばグッとゆったりとした時間が流れています。テーブル席が5つだけのこじんまりとした店内。ピンク電話も置いてあり、BGMはクラシック!

 お客さんの9割はカレーを注文しているようですが、ここはグッと堪えてカキフライ(780円)を注文。有名なおばさま(おばちゃんじゃないです)の緩やかでご丁寧な接客に感心しつつ、待つこと数分。1個揚げの大ぶりなフライが四個とキャ物・ケチャップ味のマカロニ、コンソメのカップスープとライスです。

 大ぶりなカキフライはやや衣が厚く、パン粉も粗く、しっかりと揚がっているので、四個で十分なボリューム。ジューシーさには欠けてます。オリジナルタルタルソースは上からかかっていますが、少し足りませんでした。

 総合的には、おばさまの接客とお店の雰囲気で刺激されるお店です。今度は、カレーを食べに来ますと、おばさまに宣言してお店を出ました。

記事の編集 takapu : 14:33 | コメント (0) | トラックバック(0)

元酒屋

 11月23日は全漁連制定の牡蠣の日って知ってますか?
もちろん、今日のお昼もカキフライ。前夜祭に20食という節目を迎えられて感無量です(大涙)。

 で、今日のお店は「元酒屋」さん。840円にコーヒー付きというリーズナブルなお値段ですね。
元酒屋という名前から和食系を想像していたのですが洋食系2個揚げのカキフライが4つ。

kasumichou-2004-11-22.jpg

 ご飯の盛りはどこかのホテルの400円のライスより量がありました。
一口目、タルタルソースの冷たさとカキフライのアツアツさが口の中であいまって
(゚Д゚)ウマーだったのが印象的。

 1000円にしてカキフライを5個にしてくれるとモット嬉しいんですが。。

<元酒屋(もとさかや) >
 住所:銀座8-5-24 西八ビル2F
 電話:03-3572-6240
 営業時間:11:45〜13:30/17:00〜21:00(土は夜のみ)
      日、祝、第3土休み

記事の編集 takapu : 14:27 | コメント (0) | トラックバック(1)

美味庵 花のしずく(日替わり)

04-11-22-1.JPG 04-11-22-2.JPG

 カキフライ5個とふ海苔の味噌汁、野沢菜、ごはん。食後には抹茶のアイス。

 これというすごい長所もなければこれというすごい短所もない、ある種真っ当な店。

記事の編集 takapu : 13:52 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月18日

とんかつ不二

 今日は「とんかつ不二」でカキフライ(950円) 銀座とは思えぬリーズナブルなラインナップのとんかつ屋さんです。オヤジ大助かりっ♪ メンチカツ、チキンカツが650円 魚フライが驚きのワンコインですよっ、奥さんっ!

 カキとトンカツの盛合わせ900円も捨てがたかったのですが、カキフライニストとしては、カキ一本槍で行きました。小ぶりのカキが6粒、揚げすぎ?と思うようなブラウン色ながらイイ塩梅でした。

kasumichou-2004-11-18.jpg

 タルタルではなく、マヨネーズっぽいソースが付いてきますが、ソースで頂きましょう。
ちょっと惜しかったのは御味噌汁がイマイチだったこと。でも、値段を考えると合格です。

<とんかつ不二(ふじ) >
 住所:銀座7-6-2
 電話:03-3571-0795
 営業時間:11:30〜14:00/17:00〜20:30(第1土 11:30〜13:30)
      第234土と日祝休

記事の編集 takapu : 13:33 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月17日

松坂屋お好み食堂「蘭」

 ウワサは本当だった。。。松坂屋のお好み食堂「蘭」の揚げ物が美味しいとのウワサは。

 テレビで辺見えみりサン(←記憶不確か)が、松坂屋のお好み食堂のカツが美味しいと言っていたような。。。

 大ぶりなカキを1個揚げしたものが5ヶ。タルタルソースまたはウスターソースで食べましょう♪優しくサクサクな衣がメチャメチャ美味しい( ^ー^) 洗練されてるツーの??とっても満足な1365円のカキフライ定食でした。

kasumichou-2004-11-17.jpg

 カツは低温でジックリ揚げるとのことなので、同じように低温で揚げたのでしょうか??

記事の編集 takapu : 13:31 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月16日

レストランブラス

 新橋1-5あたりの雑居ビルの地下にある古そうな「レストランブラス」。

 スポーツ新聞に週間コミックが入り口にあり、中はオヤジ率90%、10%は若いサラリーマン(男)。
ランチタイムなのに悠然とコーヒーを飲んでいるところもある。

 空き空きなので4人掛けのところに一人でドーンと座り、カキフライを注文。

 小さめの1個揚げが6個。タルタルソースではなく、自家製マヨネーズがたっぷりひいてある上にカキフライが。サイドはポテトサラダとキャベツ、ひじきの煮物が別皿でついてくる。ライスと味噌汁で950円。

 味は、ころもが薄くてサクっと軽やか、そこそこ美味しい。自家製マヨネーズはもう一ひねり欲しい感じ。ごはんや味噌汁等は普通。

 時間とスペースをゆったり過ごせるので、コーヒー付きなら価値あるんですけどね。ネットで検索してもどこにも出てこないお店です。(恐らく今後も出てこない・・・)

記事の編集 takapu : 13:54 | コメント (0) | トラックバック(0)

ル・エスカリエ

04-11-16-2.JPG

 ここの週替りの「エスカリエランチ」にて。メインは「ホロホロ鳥のケイジャングリルとカキフライ オレンジチリバターソースと赤ワインタルタルソース」という長いもの。

 で、カキフライはなぜか衣に甘味を感じた。しかし、タルタルとの相性がよくて旨い。

記事の編集 takapu : 13:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月15日

カレー屋えすと インデェアンカレーとチョウシ屋のカキフライ

04-11-15.JPG
 
 インデェアンカレーはいつもながら、後味がスパイシーで肉もやわらかい。ただ、なぜか店内で食べたほうが美味しく感じる。そして、じゃがキャベツが欠かせないことも判明。

 カキフライは10cm越えの大きさ。身も厚くて旨い。ただ、揚げ置きなのと、衣がちょっと厚いのが難点。

記事の編集 takapu : 13:53 | コメント (0) | トラックバック(0)

えすとカレー&ちょうし屋のメンチ、牡蠣フライ

tsukijiou-2004-11-15-1.jpg

「ちょうし屋」の牡蠣フライは予想外にでかく、コレを3っつに、更にメンチも買ってしまったら、、、

tsukijiou-2004-11-15-2.jpg

 ご飯がすっぽり隠れた(笑)。





 さすがは「ちょうし屋」で、衣はバリッと香ばしく揚がっているのだが、やっぱり揚げ置きだけにジュンワリ感はなく、、、カレーと一緒に食うより、ソースつけて食った方が美味い。

 やっぱ「ちょうし屋」のフライはパンに挟んだ方が美味いのでは、、、と言う至極当たり前の結論だが、何事も経験と言うことで(笑)。

 しかし、大盛カレーに、牡蠣フライ3個、更に、メンチカツはさすがに多すぎであった。(腹苦)

記事の編集 takapu : 13:41 | コメント (0) | トラックバック(0)

カキフライカレー@えすと&チョウシ屋

 15日からチョウシ屋でカキフライが始まる!と書いてあったのでチョウシ屋でカキフライを、そしてカレー屋えすとでカレーを買って我が社の会議室で食べました。

 カキフライを用意してえすとに向かうと。。。ナント!メニューにカキフライカレーがあるじゃないですかっ!( ̄▽ ̄;

 この際、まとめて食べてしまおう♪とのことでカキフライカレー(900円)をオーダー。豪華カキフライカレーの出来上がりです。

 チョウシ屋のカキフライ(1ヶ130円)がとても大きく、えすとのフライも小さいながら4ヶも入っているのでボリューム満点。こりゃ絶対に太りますネ。

kasumichou-2004-11-15-1.jpg kasumichou-2004-11-15-2.jpg kasumichou-2004-11-15-3.jpg
 
 さてさてカキフライに関しては、チョウシ屋は揚げ置きしてあるのが残念。パリサクッ感があるだけにネ。えすとのカキフライは、オーダー後に揚げるのでしょうか?まずまずのお味でした。

記事の編集 takapu : 13:26 | コメント (0) | トラックバック(1)

2004年11月11日

キッチン ミナト

 本日は、汐風さんのご推察通りに「キッチン ミナト」へ。

 やや小さめの1個揚げが6つにポテトサラダとキャベツ系サラダ、お椀に入った、あんかけ風スープとライスで950円。

 で、特筆すべきは、自家製タルタルソースが、カレーのルーを入れる入れ物でドーンと出てくること。私は、ソースよりもタルタル派なのでこれは嬉しかったです。濃い目のキツネ色にしっかり揚がったカキフライにたっぷりかけて、美味しゅうございました。

 残念な点は、スープが味噌汁用のお椀で、かなりしょっぱかったこと。それと卓上ソースが中濃ソース(トンカツソース?)しか置いていなかったことですね。

記事の編集 takapu : 13:53 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月09日

キッチンカロリー

 カキフライ軍団の一人として、少し貢献度が低かったので、出先の御茶ノ水「キッチンカロリー」でカキフライを。

 神保町で降りて、「七條」はまだ夜の開店はしておらず、「キッチン南海」はカキフライ無し、「キッチンジロー」は新橋でもいいかとパスして、「キッチンカロリー」へたどりつきました。

 ここでカロリー焼きを注文しないのは初めてかもしれません。値段は780円。学生街では中級の価格ですね。

 カキフライは1個揚げが4つ。厚めの衣でしっかりと揚がっているので4つで丁度いい感じです。付け合せのスパゲッティ(カロリー焼きにも付いてくるもの)がたっぷりとあり、キャベツ山盛り、3色野菜のソテー、豚汁と盛りだくさん。ライスの量も大盛り可です。

 回りは当然学生さんばっかり。俺もあんな時代があったんだな〜とシミジミしてしまいました。

 しばらく毎週神保町へ行くことにしたので、他のお店もご報告致します。

記事の編集 takapu : 13:52 | コメント (2) | トラックバック(1)

都々路

 今日はテールシチュゥを食べようと目的のお店に向かったのですが都合によりお休み。ガーン。

 では!と気分を変えてカキフライを食べることにしました。PDAにお店リストを登録しておいたので、モウ迷って、高級店に迷い込むことはアリマセン。

 松屋の第2駐車場の向かいのビルの地下1階のお店「都々路(TUTUJI)」さんでカキ穴子フライ定食(950円)。和食系のお店なんでタルタルソースではなく黒いソースでした。

 ちょっとブラウン色の強いカキフライ(1個揚げ)5つに穴子フライが2つ、そしてトン汁、香の物、茶碗蒸しがついて、コノ値段はお値打ちですよっ。奥さん。
 
 カキフライの大きさによって味のバラツキが見られましたが、5個中3個のやや大きめ
の個体はブリュンとした部分が美味しかったです♪

 お店の感じはコンナ風。 
kasumichou-2004-11-09-1.jpg

 でカキフライ&穴子フライ。ちょっとブラウン強いでしょ?

kasumichou-2004-11-09-2.jpg

記事の編集 takapu : 13:23 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月08日

かなわ

 銀座5丁目東芝ビルの地下二階「かなわ」さんでカキフライ定食(890円)。タルタルソースはつかず、カキフライ専用ソースが用意されています。

 個数は同じなれど以前に食べた系列店のオストレアカナワと比べるとカキが小さいっす。
これが110円の差でしょうか??

 また、オストレアに比べると微妙に衣が厚かったかなぁ〜。
私としてはオストレアカナワの方が好みです。

kasumichou-2004-11-08.jpg

 出るときに気が付きましたが、オプション値段を払うと白米が炊き込みご飯に代わるそう。
炊き込みご飯をチョイスしたら移り気な私の心も揺れるかも。。。

記事の編集 takapu : 13:37 | コメント (0) | トラックバック(0)

貴舟

04-11-08-1.JPG 04-11-08-2.JPG

 正直、おかわりできるかやくご飯(松茸入り)と、味噌汁と冷奴と漬物の副菜が旨すぎて、カキフライ(カキは岩手産とのこと)が目立ってない・・・

 この副菜を含めて、バランスもボリュームも満たせるのは「豚ロースたたき定食(「かつおのたたき」を「豚ロースとんかつ」で作ったもの)」に違いない。

記事の編集 takapu : 13:34 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月05日

煉瓦亭新富本店

 イェーイ♪ 煉瓦亭3店制覇っ♪ 今日は「洋食元祖煉瓦亭新富本店」に行ってカキフライ(1500円)を食べてきました。3店とも値段が微妙に違うのがビックリ。

 揚げたてアツアツで、「ジュッ」って音がしてるカキフライが登場。総本店と銀座一丁目店は同系統の洋食系カキフライでしたが、新富本店のカキフライはどちらかといいうとトンカツ屋色が強いかな。揚げ目も濃く、衣の主張も強いっす。これはコレでウマイ♪

 kasumichou-2004-11-05.jpg

 そういえば、最初に出てきたスープが(゚Д゚)ウマーでした。付け合せも違うんですネ。

記事の編集 takapu : 13:32 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月04日

はと屋

 GINZA9の地下にある「はと屋」です。

 純粋にカキフライだけを頼むことも出来るのですが、そこは「はと屋」、ナポリタンを食べないわけにはいかないでしょう。

 久々のナポリタンは美味しかった〜。太くて、ちょっと香ばしくて(焦げてて・・・)、柔らかくて・・・カキフライですよね。小ぶり1個揚げが4個ついています。パン粉は大きく色はふつう、味もナポリタンに比べたらふつうかな。

 味噌汁とゆでたまごが付いて950円。バターライスとかやきそばとかハンバーグなんかもオススメです。

記事の編集 takapu : 13:50 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月02日

みかわや

 最初のひと口は御熱いので御気をつけください。。。 さすが高級店。心配りもちがうゼ!

 今日のカキフライは「みかわや」に行っちゃいました。ホントは「みかわや」に行くつもりはなく、西櫻亭というお店に行くつもりだったのですが移転されたのでしょうか?目的地には他店が。。。ガーン。で、思い切って行ってしまいました!みかわやサンに!

 出てきたカキフライは、うっ美しい。。。なんかコロッケみたい。熱いので気をつけろ!との忠告に素直に従い、ナイフとフォークで半分に。

 おっとととと。ジュースが出てしまいました。勿体無い。2個揚げながら洗練された味はナカナカですが、値段が2650円。ライス450円と超お高いのでなんかキッカケがないと来れませんね。

 そして、カキの食感がしっかりとしていたのが印象的でした。

 kasumichou-2004-11-02.jpg

 食後のデザートorコーヒーを尋ねられましたが、オークラの時のようにならぬようひきつった笑顔で御辞退いたしました。

 サラダのトマトがエライ甘く、ホワイトアスパラもスゲー立派で美味しかったです。

記事の編集 takapu : 13:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

平五郎(毎週火曜の日替わり)

04-11-02.JPG

 牡蠣のジュースで舌がヤケドしてしまうほど、アツアツでジューシーで旨い。

記事の編集 takapu : 13:26 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月01日

煉瓦亭銀座1丁目店

 今日は銀座一丁目の煉瓦亭さんでカキフライ(1450円 ライス・スープ付き)を食べました。銀座3丁目の総本店より若干安いですネ。

 10月25日にお邪魔した煉瓦亭総本店さんの暖簾分けが新富町の煉瓦亭で新富町の分店が銀座一丁目のお店だそうです。

 総本店に比べると、若干小ぶり、で衣が厚い(といっても薄い部類)。1コ揚げながらジューシィーなのは総本店ゆずり。いやいや、煉瓦亭系列のカキフライは(゚Д゚)ウマーですナ。

kasumichou-2004-11-01.jpg

記事の編集 takapu : 14:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

三和

 渋いとんかつ屋「三和」でカキフライを食べました。

 値段は950円。二個揚げが5個で、かなり大ぶりです。しっかり揚がった色合いで、「スイス」に近い感じ。

 やや衣が厚い感じがしますが、それなりに美味しいです。たっぷりキャベツも盛られていて、満腹でした。(でも、ちょっともたれたかな・・・)

記事の編集 takapu : 13:49 | コメント (0) | トラックバック(0)

洋食元祖煉瓦亭・銀座一丁目店

04-11-01.JPG

 この店は、銀座3丁目の「煉瓦亭」⇒(暖簾分け)「洋食元祖煉瓦亭」新富本店⇒(支店)この銀座一丁目店。という関係。

 で、カキフライは7個。衣のパン粉は少し荒め。いわゆる「2個揚げ」ではない。写真に写ってないスープを含めて、個人的には満足のいく味だったが、銀座3丁目のはもっと旨いらしい。

記事の編集 takapu : 13:24 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月31日

麻布十番「グリル満点星」

 麻布十番の「グリル満点星」で1,800円のカキフライセットです。

 まずは、カップのコンソメスープと桜海老がのったグリーンサラダ。コンソメが美味しい!そんじょそこらのおまけのスープとはちがって本格的。サラダもメインのような大きなお皿で出てきて、食べ応え十分。
 
 カキフライは大きな1個モノが6個で、とても美しく揚がっています。味は、☆☆☆です!これまで食べた中では一番美味しかったです。

 食後に飲み物もついての値段なので、納得です。

記事の編集 takapu : 13:47 | コメント (2) | トラックバック(1)

2004年10月29日

梅林

 かねてからの目標であった月〜金までカキフライというのを達成。達成感に打ちふるえております(涙)

 レストランあづまにカキフライあるかなぁ〜と思って行ったのですが残念ながらナシ。失礼とは思いつつも自分の目標の為、「あづま」を後にして、老舗の梅林サンにお邪魔しました。既にパラパラと行列が出来ていたのですが、一人と言うことで、スルリとカウンターに座れてラッキー。

 出てきたカキフライ(1680円)は合わせ揚げで大きめ、衣も線香花火ごとくパチパチと元気に跳ねているという風です。

kasumichou-2004-10-29.jpg

 ガブッっとひと口。 ん。 ちょっとコゲっぽい。。。そしてチョイとオイリー。まずくはないんですけどネ。それなりの所で食べていますから。。。でもネ。。。
 
 フォローとしては、付け合せのケチャップ味のスパが昔っぽくて◎。キャベツの量も今まで食べたカキフライの中で一番大盛りでした。野菜高いのに!

記事の編集 takapu : 13:26 | コメント (0) | トラックバック(0)

とん銀

04-10-29.JPG

 とにかく、衣が薄くて細かくてさっくりしている。

 自家製と思われる不思議なマヨネーズソースをつけて食べると旨い。ただ、何もつけないで食べると牡蠣の味はそれほど感じない。どちらかといえば肉メニューのほうがオススメか。

記事の編集 takapu : 13:23 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月28日

レストラン YAMAGATA

 カキフライ強化月間に少しでもご協力できればと、銀座8の「レストランYAMAGATA」へ。

 ここは、プラザG8というバブル後期に建てられた雑居ビルの2Fにあります。夜、ちょっと恐い系の高級車がずらっと停まっていて若い衆がいっぱいビルの周りにいたのを目撃したことがあり・・・。

 でも、ここは銀座で老舗の洋食屋さん(創業大正13年)、12時30過ぎだったのですが、少し並びました。そして、ここはメンチカツが超有名。本日もご老人の方が一人でメンチカツを注文していたり、OLさん達が「やっぱメンチのほうが美味しいわね」などと囁いておりました。

 で、カキフライですが、洋食屋さんらしくきれいに揚がったのが6つとケチャップスパゲッティの付け合せに千切りキャベツそれと別盛りでポテトサラダがついて、価格は1,260円(微妙)。

 味は、軽くて美味いっす。タルタルソースもしつこくなく、ソースで食べてもいい感じでした。

 店員さんはアルバイトの女の子ががんばっていて、好感持てました。いつか母親でも連れてメンチを食べに行こうかと思いました。(私の両親は、銀座の百貨店勤め(社内結婚)だったので銀座の老舗にはうるさくて・・・)

記事の編集 takapu : 13:46 | コメント (0) | トラックバック(0)

豊ちゃん

 ある意味達成感を感じた!今日はカキフライ10食目。やっぱり区切りは築地市場場内に行こう!と思い立って「豊ちゃん」でカキフライを食べる。(1210円)

 で、で、デカイ。。。 粗めのパン粉がサックサク、衣に甘みがあってグーざんす。

kasumichou-2004-10-28.jpg

 ライスも丼いっぱい入っていて、昨日の400円ライスと大違い。今日は思いっきり食べることができました♪

記事の編集 takapu : 13:24 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月27日

ホテルオークラ

 席に着くと「コーヒー、紅茶、どちらになさいますか?」と聞かれてコーヒー。カキフライをオーダーした時に「パンとライスとどちらになさいます?」と聞かれてライス。

 お勘定の段階になって別料金ということが発覚。ナント、コーヒーは700円。
これは、まぁ、ヨシとしよう。。。高級喫茶店でも、取るところは取る。

 しかし、ライスの400円というのはいただけない。

 400円出したら豚丼食べられじゃないですかっ!(怒) 特にウマイ飯でもなかったのに。。。こんな事なら400円のライスをデジカメで撮影しておけばよかった。

 カキフライは、中くらいの大きさのが8つ。

kasumichou-2004-10-27.jpg

 これはサスガに美味しかったですが2400円(税抜き)という値段を考えると、ウーンと頭ひねっちゃうナ。  自腹では食べられません。
 
 結局、今日のランチはサービス料と税金をあわせて4042円になってしまいました。ホテル慣れしてないから、こんなトコに飛び込んじゃうんだよね。猛省。

記事の編集 takapu : 14:20 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月26日

レストランサカキ

 京橋まで足を伸ばしてカキフライ。本日のお店は「レストランサカキ」洋食屋さんと聞いて行きましたが、とてもキレイなお店です。フランス料理も出すそうなので改装したんですかネ
 
 カキフライは、2個揚げしたものが5ヶで1150円。スープ付き。タルタルソースでいただきます。

 kasumichou-2004-10-26.jpg


 2個揚げなのにツナギも衣も少なくて、油っこくないので胃モタレの心配なし。それでいて、ジューシィーなのはスゴイと思いました。

 カキフライの大きさも、ライスの量も上品なので、ちょいとワタシにはボリューム面で物足りませんでしたが。。。相席になった人が食べていたハンバーグから溢れ出る肉汁に惹かれるものがありました(涎)

 そーいえば、テーブルに備え付けてあった自家製のドレッシングが美味かったニャー。

記事の編集 takapu : 14:14 | コメント (2) | トラックバック(1)

2004年10月25日

銀座3丁目の煉瓦亭

 本日、並んでいたのは銀座3丁目の煉瓦亭。超有名店ですよね。今年7食目となるカキフライ+ライス(1400円+200円)をオーダーしました。

 わはははは。。。と笑ってしまうくらいウマー(゚Д゚)

kasumichou-2004-10-25.jpg

 今まで食べたカキフライは、ガブッと噛むとピューっとジュースがでてきましたが、何故かここのカキフライは、ガブッと噛むとダクダクとジュースがあふれ出てくるのです。薄い衣ながら、ドコにソノ、ジュースを隠し持っているのでしょうか!
 
 文句なし、今のところのナンバーワン牡蠣フライです。苦手なタルタルソースも(゚Д゚)ウマーでしたヨン。

記事の編集 takapu : 14:11 | コメント (0) | トラックバック(1)

2004年10月21日

オストレアカナワ

 足を伸ばしてオストレアKanawaまで行ってきました。片道15分オーバー??
 
 HPをみると「瀬戸内の味覚をお楽しみ頂ける和食のお店に生まれ変わりました」とあります。 外観は洋食なんですけどネ。

 和食というだけあって、先ずはお茶がでてきて、お盆にのってカキフライ(1000円)が登場。1コ揚げのカキフライが5ヶで、三州屋までとはいきませんが大きい部類です。

 kasumichou-2004-10-21.jpg

 Oh!ジューシー!

 熱すぎるとジュースで火傷しちゃいますが、火傷しないくらいの温度でジュゥワっと汁がでてくるのには驚きデース!

 帰りがけに東芝ビルの地下の日本料理の「かなわ」と、どう違うの?と聞いたら、東芝ビルの方が若干安いと言われました。ガーン。

記事の編集 takapu : 14:07 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月19日

すいす

 カキフライエンザが抜けきれず、行ってまいりました。メンチで有名な「すいす」です。

 値段は890円。数は、フライとしては6個。カキは2個くっつけてあるので、12個となります。

 見た目は、しっかり揚げちゃったかな〜というような濃い目のキツネ色。メンチカツと一緒です。

 味は、ちょっと香ばし過ぎるような気がしましたが、全くもたれずに完食。ボリュームがあるのにあっさり食べられてしまうのは、「すいす」の特徴ですね。

記事の編集 takapu : 13:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

とんき

 カキフライ5食目。雨が降っていたので遠出はせず、築地1丁目にあるコンワビルB1の「とんき」(きは七3つ)に行きました。

 今日のカキフライも2個揚げしているのでデカイっす。衣は厚めですが「いし辰」よりも控えめ。個数は4ヶで1100円。タルタルソースは+100円のオプションとなっています。(^^;

kasumichou-2004-10-19.jpg

 噛んだ時に汁が飛び散るほど、ジューシィで美味しかったですよ♪ そして、揚げたてアツアツでチョト口の中が火傷気味になるほど。ジューシィさで言うと一番だったでしょうか??

 隣の人が食べていた巨大なメンチカツ(1000円)も気になります。

記事の編集 takapu : 13:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月18日

かつ銀

 カキフライ強化月間4食目。今日は銀座2丁目にある「かつ銀」にてカキフライを食べました。お値段なんと1680円。たたた高いです。新橋でワンコインランチで凌いでいた日々がウソのよう。。。

 揚げ置きをしていないので注文してから出てくるまでに時間が掛かるため、ひとりでランチを食べる寂しいお客さんには新聞を優しく差し出してくれます。ちょっと嬉しい心遣いですね。

 さて待ちに待ったカキフライが登場。大ぶりのカキフライが4つ登場。

 「味のいし辰」と同様に2ヶ抱き合わせにして揚げています。抱き合わせにして揚げたカキフライの利点としては、噛んだ時にジュースがジュワっと出てくるところ。今回もコノ嬉しい体験にありつけました。

 逆に欠点は、衣が厚くなる分、胃にもたれること。心なしか「いし辰」よりも重くモッサリとした印象を受けました。

 お店、カツ丼を食べたときにも感じたのですが、赤だしが好みにあいませんでした…

記事の編集 takapu : 13:59 | コメント (1) | トラックバック(1)

キャンドル

04-10-18-1.JPG

 いかにも「魚が旨い洋食屋」のカキフライランチ。衣が軽くてサックリしていて、タルタルソースも旨い。

記事の編集 takapu : 13:19 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月14日

レバンテ

 東京フォーラムにあるレバンテさんで食べました。
この日、東京フォーラムでは全国建設業労働災害防止大会が行われており、レバンテさんも超満員。

 席に案内されるのもオーダーしてから出てくるのもカナリ時間がかかりました。
まっ、しょうがないですね。。。我慢しなくちゃ。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 待ちに待ったカキフライ登場!

 kasumichou-2004-10-14.jpg

 レモン汁を絞ってタルタルソースをつけて食べました。
築地王ご推薦ということもあって、かなぁり期待していたのですが、最初の一口は空振り。
混んでいたこともあってか、アツアツでもないし。。。と、思ったら最後の2個がメチャクチャ(゚Д゚)ウマー。
レモン汁のすっぱさとカキ独特のジューシーさが、相まって、幸せでございました。
多少のバラつきは最後の2個で挽回といったところでしょうか。

 ただし、1470円のお値段と御飯と付け合せ(今回はスープ)を考えると、
いまのところ銀座界隈のカキフライ定食ランキングは。。。

三州屋(銀座2丁目)>>レバンテ(有楽町)>>>>>味のいし辰(築地)

 本日のレバンテは夜に行ったほうがいいですかね??
まぁ、この際、覚王さんオススメのオストレア・カナワ、
築地王オススメのかつ銀&とんき、築地市場場内の八千代なども攻めたいと思います♪

記事の編集 takapu : 13:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月13日

ostrea Kanawa

 カキフライを食べずにはいられない状態になり、ランチで行ってまいりました。
 
 広島のカキ料理の老舗「かなわ」の洋食系支店「オストレア カナワ」です。

 外観がパッとしないので、『たいしたお店じゃないな』と通り過ぎてしまう感じの所です。(お粥の「好々亭」とぬいぐるみの「ビルド・ア・ベアー・ワークショップ」の間)

 中に入ると、小奇麗なパスタ屋さんのような雰囲気です。でも、最初に出てくるのは、おしぼりにお茶。完全に和食屋です。。。

 カキ専門店なので、いろいろメニューはありますが、初志貫徹でカキフライを注文。フライの数は5つと丁度良い感じ。小鉢が3つ付いて1,000円なので、まぁ納得価格ですかね。

 お店で売られているカキフライ専用ソースをかけて食べます。で、味は当然美味で期待を裏切りません。夜も行ってみようかと思います。

記事の編集 takapu : 13:42 | コメント (0) | トラックバック(0)

三州屋

 昨日に引き続き、またカキフライ食べちゃいました♪ 今日は銀座二丁目の「三州屋。」
ランチでの訪問は初めてデース。

 大ぶりのカキフライが5つゴロン。昨日の「いし辰」よりも衣が薄く、パン粉もキメが細かいですね。その分、付け合せのキャベツの水気で衣がペチョペチョになるおそれがあるので早めに非難させましょう!

kasumichou-2004-10-13.jpg

 さて、このカキフライ、ホントに(゚Д゚)ウマーですネ。昨日の「いし辰」よりも断然オススメです。衣のサックリ感が絶妙です。胃にももたれないし。。

 さらにぃぃぃ、なめこのお味噌汁も(゚Д゚)ウマーで幸せでした。

記事の編集 takapu : 13:33 | コメント (0) | トラックバック(1)

2004年10月12日

たけの食堂

 向かった先は、場外の「たけの食堂」。目指したメニューは、今シーズン初の“牡蠣フライ”である。

 この店に行くのに、一人で行っては楽しさ半減なので、同僚を誘い、最近この店では好んで食べている“豚天”と“〆鯖”もシェア。

tsukijiou-2004-10-12-1.jpg tsukijiou-2004-10-12-2.jpg tsukijiou-2004-10-12-3.jpg

 俵型の“牡蠣フライ”は、小さめの牡蠣を2個揚げしてある。おそらく、溶いた小麦粉に浸してから、パン粉をつけているようで、衣はバリッと固い。ところどころ衣が厚くなっていて、フライと言うより、コロッケに近くなっているところもあるのはご愛嬌か?。

 どうも、衣の印象が強く、牡蠣が陰に隠れてしまうのだが、
クリスピーな食感が好きな人にはいいのではないか?

 アラレとか煎餅に近い香ばしさを持つ“豚天”も美味いことは美味かったのだが、モノによってはやや固いのも混じっていた。もう少し、小さくカットしてくれると嬉しいかとも思ったのだが、そうすうると今のような肉汁たっぷりの仕上がりにならないだろうし、、、悩ましいところである。

 “〆鯖”はあまり酸っぱくなくていい感じ。脂も乗って今が食べ頃だな!

記事の編集 takapu : 13:37 | コメント (0) | トラックバック(0)

味のいし辰

 カキフライのレポートを読んでいたら、とっても食べたくなって、築地交差点KYビルB1にある
味のいし辰でカキフライ定食。

kasumichou-2004-10-12.jpg

 大ぶりのカキフライを一口噛むとアツアツでジュゥシィな牡蠣のエキスが、口の中に広がり、ハフハフいってしまいます。

 2つの牡蠣が抱き合わされるように厚い衣で覆われているので巨大なのですね。
パン粉は荒めでサックサク。厚めの衣に牡蠣エキスがしみ出して、衣部分も美味しい♪

 が、3つ目くらいからチョット重く感じます。4つでいいから1000円にしてくれないかな?

 他にカキ釜飯、カキ丼(カツどんのカツがカキに代わったといっていた。甘いのか??)などのカキメニューあり。釜飯は食べてもいいが、カキ丼は怖いなぁ〜。甘そうで。。。

記事の編集 takapu : 13:32 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年10月04日

三州屋

04-10-04-1.JPG 04-10-04-2.JPG

 10センチクラスのフライ5個がでかい、甘い、苦い、旨い。黙々と食べよう。

記事の編集 takapu : 13:47 | コメント (0) | トラックバック(0)

2003年10月15日

とんき(七×3つ)

 くっ、首が回らぬ...と言っても、寝違えた訳でも、太った訳でもない(笑)。

 今日も〆切り、明日もプレ、合間をぬって別件の打ち合わせ...こんなことの繰り返しの日々が続いている(泣)。

 こういう状況に陥ると、手を動かしながら食べられる”コンビニ飯”に手が伸びたり、食べずに済ましてしまったりする人も多いと思うが・・・こんな時ほど考えてみて欲しい!


 「何のために生きているのか?そして、何のために働いているのか?」

 自分は、美味しいモノを食べるために生きている!(きっぱり!)


 という訳で(どういう訳じゃ?>自分)、ない時間を無理やりやり繰りして、お昼に出かける。向かった先は「とんキ(七が3つ)」。TVチャンピオンでも出題された、”牡蠣フライ”がお目当てである。
 
tsukijiou-2003-10-15.jpg

 ここの牡蠣フライは、「カツ銀」などと同じく小ぶりの牡蠣の2個揚げ。2つの牡蠣を上手にまとめるために、小麦粉を溶いたものを衣に使っているのだろう。

 その分、やや厚めに衣がついてはいるが、揚げの技術に長けているようでなかなかクリスピーな仕上がり。衣の油ぎれも上々で、かつ、火の通し方も申し分ない!

 が.....

 先日食べた「レバンテ」の”牡蠣フライ”に比べると、牡蠣本来の味わいがやや物足りない。

 これが、牡蠣の品種の違いによるものなのか、産地によるものなのか、はたまた全く別の理由によるものなのか、自分には皆目見等がつかない。一度、是非、専門の方のお話をお伺いしたいと思うのだが...どなたか教えてくださる方はいらっしゃらないだろうか!?

 「とんキ(七が3つ)」も決して美味しくないわけではなく、寧ろ”牡蠣フライ”としては上出来の部類であることは、誤解なきよう付け加えておきたいと思う...

記事の編集 takapu : 13:30 | コメント (0) | トラックバック(1)

2003年10月12日

レバンテ

〜〜〜〜〜〜 略 〜〜〜〜〜〜

 これだけじゃナンなんで、昨夜行った「レバンテ」のことも書いておくか・・・

 「レバンテ」といえば築地のどの店をも凌ぐ”牡蠣フライ”を出す店として有名な店だが、
有楽町の駅前から東京フォーラムに移転してからは初めて。

 「女性客増加のため、フレンチ風新メニューも続々誕生」なんてある雑誌に書いてあって、
思いっきり不安を掻き立てられてが、幸いなことに杞憂であった。

tsukijiou-2003-10-12-1.jpg tsukijiou-2003-10-12-2.jpg tsukijiou-2003-10-12-3.jpg tsukijiou-2003-10-12-4.jpg

 カリカリサクサクしたクリスピーな衣に、芳醇なジュースの絶品”牡蠣フライ”は健在であった。(胸撫下)
火の通し方絶妙ですな...

 もう一つのお勧め”ローストビーフ”も相変わらずの柔らかさ!  んま〜!!

 やっぱ得意料理の見極めが重要だよ、美味いモンくうには・・・

記事の編集 takapu : 13:43 | コメント (0) | トラックバック(0)

2003年10月03日

仲家

 さあて、今日こそは牡蠣フライ。

 ということで勇んで場内に向かったところ、入り口付近で財布に金が入っていないことに気づく(笑)。
市場近辺に銀行はないので、裏口(?)を出てしばらく入ったところのサンクスまで、場内を縦断することに。

 お陰で場内のどこで”牡蠣フライ”が食べれるか完全掌握できた。

 途中、「高はし」で”やりいか煮”と”鯖味噌”を一人占めして食うなんて、とっても贅沢かつ甘美な誘惑にも駆られたり、「八千代」で見かけた”松茸・車海老・小柱フライセット”に大きくこころ揺さぶられたりしながらも、初心を貫徹。一路、”牡蠣フライ”を目指す。(偉い...か?)
 
 結局、決めたのが「おでん仲家」。この店では、煮魚や”うに丼”はなんども食べているがフライものは今日が初めて。もともと、料理全般のクオリティーは高い店なのでチョッと期待。

tsukijiou-2003-10-03.jpg

 運ばれてきた”牡蠣フライ”は、荒めのパン粉の薄衣。小さめの牡蠣が二つずつ縦に組まれて、二子揚げされている。口に含むと、ジュンわりとジュースが滴る......が、

 味が薄い。
 
 みずみずしさはあるものの、芳醇さにはかける。う〜む、やはり出始め...これは、仕方ないのかな!?

 ちなみにこの店、タルタルソースはつかず、ふつうのソースのみ。つけあわせが、きゃべつではなくレタスなのが変わっており、はじめ如何なものかと思ったが、脂モノを口にした後だと意外によかったりしてビックリ。

 これは一つの発見であった。

 相変わらず、味噌汁が美味く(注:「仲家」は築地でも指折りの味噌汁の美味い店でもある)、満足度は中。

 まあ、初物ってこんなもんでしょう。

記事の編集 takapu : 13:23 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年11月25日

味の石辰

 「No.1牡蠣フライin築地を探せ!」プロジェクト第3段!(ってか、まだ第3段?)と妙に気合が入っているようだが、単に出遅れて市場内では選択肢がなくなっただけである。で、時間帯関係なくず〜っとやっている共栄ビルB1Fの「あじの石辰」へ行く。

 この店はかつ丼・エビフライ丼・牡蠣フライ丼・茸丼を合体させた、「なんじゃそりゃ?」な“石辰丼”が名物だが、もちろん未食である(威張る)。

 お昼は近辺のサラリーマンで大賑わいだが、流石に1時を過ぎるとお客はまばら。

 4人席を一人で占拠し、メニューも見ず、当然のように牡蠣フライをオーダーする。そのあとメニューをよく見てみたら、やたら釜飯うまそうに思えてきた。危なかった!危うく、プロジェクトの進行が妨げられるところであった。

 この店の牡蠣フライの特徴はなんといってもその大きさ!全長、胴回り共に8cmはあろうかと思われるその姿は、まるでぶっとい芋虫の様。どうやら2個揚げしてあるらしく、必然的に衣は暑い。

 おそらく、小麦粉→卵→パン粉というよく知られたフライものの手順ではなく、粉を溶いた液体にくぐらせて衣を着ける手法ではないか!?

 パン粉はこれでもかって感じの粗引き。揚げ加減はかなりコンガリなので、衣の固さは相当なもの。おかげで口蓋がボロボロになって、痛い。

 前回、「たけだ」の際に苦言を呈した、ジュワっと感は、衣が厚いこともあって全く問題なし、、、つか、一つは噛んだ途端にジュースが飛び出て頬にひっかかった。

 この店もタルタルはなく、ソース。付きだしが貧弱で、ご飯が進まないのはマイナスポイントだな。

記事の編集 takapu : 13:16 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年11月16日

たけだ

 かけ声ばかりで一向に進んでいない「No.1牡蠣フライin築地を探せ!」がいよいよ本格始動!

 前回(書いてる本人も忘れるほど昔だが)は場内のフライものの雄だったが、今回は同じ場内でも、洋食の雄「たけだ」だ!!

 あいっ変わらず、この店のメニューの豊富さには圧倒されずにはおれません。今日も散々「牡蠣フライプロジェクトを進行させねば」と自分に言い聞かせて来たモノの、席に着いた途端、お隣の食べている”ポークソテー”に心奪われ、後ろで響く「ビーフカツレット(だったかなぁ?)」のオーダーに身悶えし、ようやく「牡蠣フライ」のオーダーを済ませてのでありました。虫の知らせで目玉焼き(1個)も追加しましたが、コレは今日に限ってナイスなチョイス。自分で自分を誉めたいと思いました。

 で、牡蠣フライ。大中サイズがいびつな5ピースは、細かいパン粉を使った薄衣。サクッとした食感は好感度大、でも、牡蠣フライの醍醐味、ジュワっはない!

 火、通しすぎ!

 かんなり興ざめ...で、更にタルタルソースがつかないっ!おソースも嫌いじゃないけど...手ぇ抜かれてるみたいで、やっ!

 そんなこんなで、牡蠣フライは牡蠣フライって感じでサクサク食べー、ご飯には目玉焼き載せて醤油かけて目玉ライスにして食べー、って感じの調和のとれないランチとなりましたとサ。

記事の編集 takapu : 13:13 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年10月11日

八千代

 場内のパン粉系揚げ物屋の雄「八千代」から。

 かなり荒く挽いたパン粉を纏ったミディアムサイズ(4−5cm)のフライが5粒。付け合せはキャベツ&マヨネーズサラダ。それに味噌汁(ワカメ&豆腐)とたっぷりのお新香(カブとキャベツの塩もみ)。

 これで、1200円。なので、コストパファーマンスは決して高くない。衣の油切れが今一だが、サックリとしていて食感はGood!(親指挙げる)

 揚げ加減はミディアムで、ジュースはタッラァ〜(ジュワーではない)。流石に生臭みは皆無。
タルタルソースが添えられているが、量が少なく、3粒ほどつけるとなくなる。

 そもそもタルタルソースというほど手は込んでいなくて、マヨネーズにゆで卵のみじん切りを混ぜた程度の加工。

 ま・まぁか・・・な。

 後ろで食べてた人のロースカツがみょ―――に美味そうだったので、次回はブタ!って、次回まで覚えてられるんだろうか?

記事の編集 takapu : 13:10 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年02月21日

牡蠣フライ定食@八千代 1200円

昨日の晩は湯島のデリーでカシミールを食べたので、本日は八千代で牡蠣フライにする。って、全然脈絡がないが、それもそのはず単にデリー-でカレーを食べたのを記録しておきたかったのだ。

さて八千代に向かう道すがら8号館の路地に目をやると、高はしの前に行列ができている。しかも10人はいる。メニューが気になったので、覗いてみるが赤鯛・えぼ鯛・太刀魚。先日と代わり映えしない。しかも、すでにアンコウ煮はヤマ。この店の名物らしきものは穴子丼しか残っていないのを行列している人は知っているのだろうか?

弘斉会書籍部に立ち寄ると、"有名シェフが通う99のおいしい店"なる本に目が止まる。目次を開くと「まっくろう」の文字。こ・こ・これは、、、「美味しんぼ」に何度もモデルとして登場していた「まっくろう」ではないか。この店、前は銀座にあったのだが、忽然と姿を消してしまい、その後の消息がわからなくなっていたのだ。そうか、六本木に移転したのか。当然、本は購入。まだ、パラパラとしか見ていないが、結構あまりマスコミに取り上げられていない面白そうな店が多い。結構お勧めかも。一軒だけ出ているラーメン屋が「赤のれん」なのはご愛嬌ということで。

八千代の店内には壁一面にメニューが貼り付けてある。見ると、フライものは大体どれもミックスのメニューが用意されていて、2つ以上の味が楽しめるようになっている。この店の名物であるエビフライも1350円なので十分次回以降の候補になる。穴子フライとか他ではあまり見ないメニューもあるので、本来じっくり決めたいとことではあるが、結局、シンプルに牡蠣フライの定食を注文。
大粒の牡蠣が5粒のった皿には、キャベツの千切りとキャベツとトマトのマヨネーズソースあえが添えられている。フライはアツアツ、ジューシー。しかも全く臭みがない。衣もさくさくで言うことがない。レベル的にはレバンテと今シーズンのベスト牡蠣フライを争うレベルと言っても良いかも知れない。但し、どうしてもタルタルソースではご飯が進まず、ご飯をもてあましてしまう。お新香に味噌汁はつくのだが、できうるならもう一品小鉢がつくと最高なのだが・・・・・・・・・・・よし、あすはしょうゆ味のものにしよう!
あ・牡蠣フライ美味しいから、お勧めです。本当です!

記事の編集 takapu : 16:45 | コメント (0) | トラックバック(0)