鮨・刺身もののランチ記事

2006年10月16日

銀座・三州屋 カツオのたたき定食(1,000円)

06-10-16-2.JPG

 今日が誕生日だというこの方と、エプロンおじさんと3人で三州屋へ。で、今日はカツオのたたき定食と、味噌汁の代わりについてくる鶏豆腐を食べることに。この店、揚げ物系は出てくるのが少し遅いのだが、鮮魚系は注文から約5分ぐらいで出てくるのがありがたい。

 モチモチのカツオを食べつつ鶏豆腐を食べると、以前の印象よりも味がいい意味で濃くなった感がある。ということで、鶏豆腐用に必ずついてくる、ポン酢に唐辛子を入れたタレが余ってしまった。

 そこで、カツオのたたきをこのタレに漬けて食べてみたところ、かなりの好相性。

 ポン酢ものなので、カツオのたたきとしては、スタンダードな食べ方ではあるのだが、なんとなくルールを破ったような楽しさの刺激を感じつつ、タレの辛さによる刺激が加わるので、ご飯がやけに進んでしまう。

-------------- 

 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

 記事の編集 takapu : 20:54 | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年08月17日

京橋・京すし 鉄火といなだのハーフ丼(940円)

06-08-17-1.JPG

 ひと月前にNY旅行に行かれたこの方に、強引にお願いしていたお土産を受け取るべく、京橋で合流して以前から気になっていたこの鮨屋さんへ。

 ただ、魚河岸が休み明けだったり台風の影響もあって、今日の丼ものは、鉄火丼かいなだ丼の2種類しかなかった。そうなると、両方食べたくなるものだが、このお店では、丼の具を2種類ミックスすることができるので…

06-08-17-2.JPG

 こんな感じになる。

 ネタについては色々な要因が重なって、すこぶるコンディションがいいというものではなかったのだが、土台となるほんのり甘い酢飯とネタの間には、細かく刻まれたガリがまぶしてあり、これがとても旨い。

 丼ものの場合は、握りに比べて技の加えどころが少ないというイメージもあるのだが、こういった技が仕込まれていると、うれしいものである。

 また、この丼を食べている最中に運ばれてきたしじみの味噌汁は、大きめのしじみから溢れた旨みが印象的な一品。暑い時期になると、味噌汁を飲む機会が少なくなりがちだが、この味なら積極的に飲みたくなる。

-------------- 

 いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキングも、ぜひご覧ください。

 記事の編集 takapu : 21:08 | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年08月09日

築地・江戸川 マグロぶつ、しじみの味噌汁、どんぶり飯(990円)

06-08-09-1.JPG

 「天候が怪しい休市日じゃない水曜日」という、最も場内が空いているコンディションの中で向かったところ、予想通りに大和寿司が5人待ち、寿司大が4人待ちという状態。

 どの店を選んでも…という恵まれた環境だったのだが、逆に恵まれすぎると決まりにくいもので、結局はこちらのサイトの刷り込みのせいか、江戸川でマグロぶつを食べることに。

 普通、ぶつと聞くとスーパーで売っている角切りが頭に浮かぶのだが、ここのは、厚さ1センチ強のしっとりとしたマグロが、折り重なるように盛られており、しかも、タイミングがよかったのか、一番上には…

06-08-09-3.JPG

 魅惑のトロ部分もしっかりと。

 あとは、旨い味噌汁と噛むごとに旨みが溢れるご飯があれば、言葉は不要となる。シンプルな食事って素敵だと改めて思う瞬間である。

-------------- 

 いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキングも、ぜひご覧ください。

 記事の編集 takapu : 21:47 | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年05月22日

築地・たけの食堂 アジのたたき、豚天、穴子の白焼き(3,570円)

06-05-22-0.jpg

 久しぶりに、築地王とお昼を一緒に食べることに。その際に、書き終えたばかりの最新作、「東京・築地 五つ星の味、極上の逸品」の見本版を拝見させていただいた。

 3冊目となる今回の書籍は、築地を「食べる」と「買う」の2つの視点から書かれており、共にこれまで以上に使い勝手に優れているという印象。

 築地に足を運ぶことができる方は、書籍のサイズが比較的持ちやすいものなので、「食べる」も「買う」も現場で活用することができ、「築地は遠いからなぁ」という方にも、「買う」がしっかりとボリューム溢れた構成なので、自宅でも活用することができる書籍となっている。

 さて、この日向かったのは、複数人数ということで、おかずのシェアが楽しい「たけの食堂」へ。カウンターに座って、数多くのメニューの中から注文したのは、アジのたたき、豚天、穴子の白焼き。これにごはんと味噌汁がついた定食バージョン。

06-05-22-1.JPG

06-05-22-2.JPG

06-05-22-3.JPG

 鮮度のいいアジは、プリプリした身がご飯を加速させ、豚天のボリューム感と天つゆのバランスも相変わらず豪快。そして、穴子の白焼きはあっさりした味の食べやすさもさることながら、パリパリの皮の印象が非常に高い。

 やはり、この店は豪快に複数の品数を注文して、シェアするに限ると思ったのであった。

 で、この後で再度見本版を開いたら、偶然にもこのお店のページだった。同じものを食べたにもかかわらず、文章を読むと「あぁ、なるほど」と感心。こんないろいろな意味で使い勝手に溢れたこの書籍、発売は来週の月曜日とのこと。

--------------

 いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキングも、ぜひご覧ください。

 記事の編集 takapu : 23:30 | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年05月08日

市ヶ谷 魚柾 刺身定食(950円)

06-05-08-1.JPG

 曙町の駅から、外苑東通りを牛込柳町方面に進むと、右側に年季が入った看板があり、その奥にあるのが魚屋を兼ねているこの店。開き戸の先には細い通路があり、その奥には6人分のテーブル。ただ、下駄箱を見る限りは二階の座敷は意外に広い模様。

 魚屋さんだけに、ランチメニューは魚ものが中心。ということで、「マグロとワラサだよ」と声をかけられた刺身定食を注文。

 「腸に穴が開いていると、うんぬんかんぬん…」と、みのがテレビで話しているのを見ながら、10分ぐらい待っていると定食が運ばれてきた。

06-05-08-2.JPG

 まず、アラ汁を飲むと、しっかりと味が出ていて力強い。アラのベースに味噌が加わったというバランスになっている。

 次に、マグロを食べたのだが、噛んだときにあまり聞きたくない音が。やや冷凍状態であった。この冷たさがなかなか引かなかったので、味があまり伝わってこなかった。また、ワラサも冷凍状態ではないものの、見た目から期待した味の強さはなかった。

 他にも、冷奴がいかにも定食という具合だったり、野沢菜がサザエさんのごとくに切れてなかったりと、結局、一番印象に残ったのがアラ汁という、極めて悩ましいことに…

--------------

 いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキングも、ぜひご覧ください。

 記事の編集 takapu : 21:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨・刺身ものに関する、これ以前の記事はこちら。

2004年12月17日 13:48 高はし 刺身定食(1,300円)
2004年10月27日 13:41 すし幸 にぎり(1,000円)
2004年08月26日 13:39 三州屋 海鮮丼(1,000円)
2004年01月26日 16:37 神火 松にぎり(1,890円)