中華料理にまつわるカキ料理の記事

2008年09月30日

■台湾料理「龍の髭」 で白木耳と生姜の炒め思いがけないカキタベ

 オイスターフリークの皆様、カキタベ!でございます!!!

 さて、現在のカキタベ!順位はいかほどに?


ryunohige.jpg

ハンズでの買い物帰り。
もの凄く久し振りに宇田川町交番裏の「龍の髭」へ。
「龍の髭」と云えば、街の夜に浮かぶ「台湾料理」と示す赤いネオンサインの光景をふと思い浮かべるけど、昼間のお店もなかなかの盛況で、アーチにした入口からどんどん人影を吸い込んでいます。
一階は一杯かなぁと入ってすぐのところに佇むと、こっちこっちと手招きされました。
テーブルと椅子の間を擦り抜けるように厨房前のカウンターへ収まります。このぎゅっと片寄せあうような屋台的ノリもココの魅力だ。

さてと、しげしげあれこれメニューを眺めて「あれ?」っと思わす文字を見つけた。
「お薦め料理」というシートの中にある、「カキと白木耳と生姜の香り炒め」。
 銑Δ箸△辰董↓△鉢い郎鐔される中で消されずに残っている一行 だ。

ryunohige06.jpg

そう、この時季に牡蠣料理。
そしてなんの根拠もないのに、岩牡蠣の料理ではないよう気が断然とする。
思いがけない「カキタベ!」の機会に急に気色ばんで(笑)、「こ、これ、できるンです?」と確認する。
当地の姐さんは、「ぁ〜い、できますぅ」と云う。
「ンじゃ、それにライスとスープつけて、お願いします」。

届いたのは、白雪に盛られたような印象も過ぎるお皿。

ryunohige01.jpg

そっか、なるほど、白木耳、だもんね、のちょっとした驚きが嬉しい。

まずはその白い木耳をわしっと箸の先で掴んで口へ。

ryunohige02.jpg

かたくりで絡めたあんに出汁が十分に含んで、そこへジンジャーな香りとムニシャキッとする木耳の食感が柔らかく迫る。ほうほう。
肝心の牡蠣は、コロンとしたとても小振りサイズ。
しっかりとついた焼き色が好みの味の予感を膨らませます。
いくつかの木耳と一緒に噛めば、期待通りの濃縮した牡蠣の風味がして、人目も憚らず、うんうんと頷く(笑)。

ryunohige03.jpg

妙な臭みがなかったことにちょっぴり安堵しながらね。
訊いて確認した訳じゃないけど、きっと解凍モノなんだろね。
鮮度命のジューシーさも欲しい牡蠣フライなんかにはムリだとしても、こういうソテー系にと上手に仕立てれば解凍モノも否定できないなぁと思わせてくれました。

ついでに、「もち米と五目具入りシューマイ」とふたつばかり。

ryunohige04.jpg

中華チマキの中身をシュウマイの皮で包んでみました的点心も、悪くない。

やっぱり、台湾麦酒片手にガハハと賑やかに食べ呑みして愉しむのも似合うと思う「龍の髭」。

ryunohige05.jpg

飲食店の建物があっけなく閉ざされ壊されていく界隈にあって、なんだか頑張ってる姿は、ちょっとしたランドマークのようにもみえました。

「龍の髭」 渋谷区宇田川町31-8 03-3461-5347


 通算303食目を迎えたカキタベ!をベストテン入りまで一押ししてください!!!人気blogランキングへ。

カテゴリー : [ まさぴ。|渋谷|中華料理 ]  記事の編集 takapu : 22:16

2007年02月17日

田原町・龍圓 カキの燻製とカキの卵焼き

 オイスターフリークの皆様、お待たせしました。カキタベ!でございます!

さて、現在のカキタベ!は何位になっているでしょう?


07-02-10-1.JPG

 2007年のカキタベ!新年会ということで、向かったのがこのお店。田原町の駅から徒歩8分ぐらいにある、一見普通の中華料理店なのだが、出された料理はいい意味でマニアックだった。

 今回、事前に予約していたカキメニューは2品。それ以外はカキメニューではなく、色々な中華料理を食べるということでお願いしていたのだが、いきなりカキ料理2品が運ばれてきた。

・カキの燻製
07-02-10-2.JPG

 最初に運ばれてきたのは、カキの色合いと緑色のコントラストが鮮やかな、このカキの燻製。紹興酒に漬け込んだカキを、じっくりと燻製しており、この香りが旨みを十二分に膨らませている。

07-02-10-3.JPG
 
 内臓部分の強いコクは、野菜と一緒に食べることでコントラストが生み出されるのだが、上にまぶされたドレッシングが旨いことも、皿がカキだけの味に終わらず、全体の中にカキが活きる組み立てを生み出している。

・カキの卵焼き
07-02-10-4.JPG
 
 この卵焼きは作り方がすごい。

 さっとボイルしたカキを蒸し器で蒸すことで、旨みたっぷりのエキスを溢れさせて、フライパンに流し入れた卵に、エキスごと流し込む。こうすることで、卵にカキの旨みが十二分に行き渡ることになる。で、これにオイスターソースをかけて食べる。
 
07-02-10-5.JPG

 カキの弾力と熱によって引き出された旨み、そしてカキの旨みが行き渡ったフワフワの卵は、最高の食感と味。オイスターソースをかけることによってコクが加わり、更に上質で立体的な味となる。

 ちなみに、このお店のカキは全て三陸産を使っているのだが、大きさはそれほどではないものの、どちらの料理も、カキの魅力を限界まで引き出した作りとなっている。また、卵が自分の地元、相模原の地卵を使っていることで、更に驚きと嬉しさが増したのも事実である。

 そして、3品目に運ばれてきた、予想だにしなかった迫力の料理は…こちらからどうぞ

---------------

 今日もカキタベ!を御覧いただきまして、ありがとうございました。通算250食目を迎えたカキタベニストです。

 植物プランクトンをたっぷりと摂取するこの時期、真牡蠣は更に旨くなります!まずは皆様のクリックで、牡蠣に支援をください!!!

 人気blogランキング(レストラン・飲食店ランキング)へ。

カテゴリー : [ takapu|浅草|中華料理 ]  記事の編集 takapu : 23:59

2007年01月08日

名古屋・郭源治 台南担仔麺 担仔麺(ロータン入り)とカキの黒豆炒め(1,070円)

 オイスターフリークの皆様、お待たせしました。カキタベ!でございます!

さて、現在のカキタベ!は何位になっているでしょう?


06-12-31-1.JPG

 これは、広島出張の帰りに名古屋に立ち寄った話。地下鉄で矢場町へ向かい、9番出口から地上に上がって、ローソンの角を少し進むと、目に入るのがこのネオンサイン。ここは、かつて中日ドラゴンズで、「炎のストッパー」として活躍したピッチャー・郭源治が、故郷である台湾の味を紹介すべく、引退後に開いたお店。

 さっそく店内に入って席に座ると…12月にもかかわらず、Tシャツの袖からたくましい上腕二頭筋を覗かせる本人を発見。どうやら、ほぼ毎日のようにお店にいるらしい。

 さて、注文したのは、店名にもなっている担仔麺にゆで卵であるロータンを入れたものと、カキタベニストとしてメニューから見つけたカキの黒豆炒め。

 ところで、このお店は台湾小皿料理のお店。隣の席を見ると確かにポーションは小さい。そして、担仔麺の値段は330円という、えらくお得な価格。そんな色々なことを考えていると、目の前に運ばれてきたのは…

06-12-31-3.JPG

 直径12センチの小さな器に入った麺であった。上に乗っているのは、赤ネギが入った肉ミソ。

06-12-31-4.JPG

 麺は噛んでいるうちにしっとりとした食感になるのだが、絶対量が少ないため、どちらかというとメインはここでもスープ。

 そのスープは元々ダシが効いたものに、肉ミソがとけることで濃度が高まる。ただ、ベースの味自体を壊す組み立てになってないことに好感。さらに詳しくどんな感じか…と思ったところで、器が小さいだけになくなってしまった。ちなみに、卵は味付けものなのだが、つるんと滑って箸で持ち辛いことが、妙に印象的だった。

 と、そこに運ばれてきたのが、カキの黒豆炒め。

06-12-31-5.JPG

 実は、個人的に気に入ったのはこの皿。たいてい、カキ料理はその個性的な味が前面に出すものなのだが、この皿で最初に広がるのは、とろりとした餡と黒豆のコク。そこに、カキを噛むことで特徴的な旨みが広がるものの、餡と黒豆の味がカキの味に負けない強さに設定されている。

 さらに、そこにネギの甘みとショウガの爽快な刺激が加わることで、力技に近い状態でバランスを取っている。味の範囲がかなり広いにもかかわらず、一体感を感じさせるという組み立てになっている。

 一身腐乱に、自分がこの皿を食べている後ろでは、郭源治が他の団体客からの写真撮影に気軽に応じていた。現役時代の姿が印象的なだけに、このギャップが妙に面白かったのだが、写真撮影時に「1枚500円ね」という、台湾ジョークも放っていたのも妙に印象的だった。

---------------

 今日もカキタベ!を御覧いただきまして、ありがとうございました。通算242食目を迎えたカキタベニストですが…まずは皆様のクリックで、牡蠣に支援をください!!!

 人気blogランキング(レストラン・飲食店ランキング)へ。

カテゴリー : [ takapu|その他|中華料理 ]  記事の編集 takapu : 21:51

2006年10月17日

アンジュでカキとキノコの味噌炒め

オイスターフリークの皆様、お待たせしました!カキタベでございます。

 ところで、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


ソニービルとエルメスのビルの間の通りって小さなお店がゴチャゴチャとあるんですね。
その通り沿いの街の中華屋さんって感じのアンジュさんに行ってきました。
付近のサラリーマンに愛されているらしく結構な繁盛振り、そして出前もやっているので
とっても忙しそうです。

ランチメニューは色々とあるのですが、カキタベニストとして「カキとキノコの味噌炒め」
をオーダーしました。

kasumi_061013.jpg

小ぶりのカキがソコソコ入っていまして、回鍋肉の肉がカキになったという風な味。
キノコとシイタケは美味しかったのですが、カキの磯の香りがチョト強いっす

セットでカキソバ+半チャーハンってのもあったのですが再訪するか?は考え中。


住所:東京都中央区銀座5-4-14 国松ビル1F
電話:03-3571-0789
営業時間:11:30〜22:00 土11:30〜21:00 日11:30〜20:00
定休日:年末年始

--------------

 今日もご覧いただきありがとうございます。

 通算207食目を迎えた、カキばっか喰ってるカキタベニストへのご支援がてらに、人気blogランキングもご覧いただけると幸いです。

カテゴリー : [ 霞町恵太郎|銀座|中華料理 ]  記事の編集 takapu : 22:05

2006年05月01日

日比谷・慶楽 牛肉のオイスターソース焼きそば(1,050円)

 久しぶりのカキタベニストの活動を、ご覧頂きありがとうございます。

 さて、今現在の「カキタベ!」は何位になっているでしょう?


06-05-01.JPG

 以前から、このカキタベを運営する際に、「いかにしてオフシーズンにカキを食べるか?」という懸念があった。そこで出した答えが

 「固体や保存方法ににこだわらない」

 というもの。ということで、カリ〜番長のブログにて発見した、オイスターソースを使った焼きそばを食べることに。

 注文して8分ぐらい待つと運ばれてきたのが、ボリューム感満点のこの焼きそば。

 やや固めのそばの上に、牛バラ肉やレタス、キクラゲのオスターソース炒めが乗っている。濃厚なソースをしっかり吸収した具は、ボリューム感も十分。

 また、組み合わせ的にキクラゲの食感のほうが、印象的になりがちなのだが、この皿の場合はレタスのシャキシャキした食感が勝っている。見た目と違って、食べやすいのもこのレタスの食感あってのもの。

 当然ながら、スープチャーハンと比べて濃い目の味なので、4人ぐらいで行った際に誰か一人が注文すると、バランスの意味で重宝する一品。

--------------

 ご覧いただきありがとうございます。

 オフシーズンにも牡蠣料理を探し続けて、通算188食目を迎えたカキタベニストの活動を、いいと思われた方は、banner_02.gifをクリックしてください。

カテゴリー : [ takapu|日比谷|中華料理 ]  記事の編集 takapu : 23:56

中華料理に関する、これ以前の記事はこちら。